日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

A&M レッスン・スタジオ

  • 73回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.25 5度とオクターブで出来た分散和音の伴奏付けの続きです。演奏順序の「Ⅰ」。右手が⑧、⑨、⑩と弾きます。⑩にオレンジ色が塗られているので、左手の小指をオレンジ色の鍵盤に載せておきます。右手が⑩を弾く時に、同時に左手はオレンジ色の鍵盤を小指で弾きます。次に、三つ鍵盤を空けて、その隣の鍵盤を人差し指で弾きます。レー小指、ラー人差し指ですね。最後に、親指で、小指から1オクターブ上の鍵盤を弾きます。レの音ですね。レー小指、ラー人差し指、... 続きを読む

    2019年4月19日

  • 72回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.24 「月の砂漠」の伴奏付けの続きです。演奏順序の「Ⅰ」。右手が④、⑤、⑥、⑦と弾きます。⑦に黄色が塗られているので、左手は黄色の鍵盤に小指を載せて、右手が⑦を弾く時に、同時に小指で黄色の鍵盤を弾きます。そして、小指から鍵盤三つ空けて、5度上の鍵盤を人差し指で弾き、さらに、小指から1オクターブ上の鍵盤を親指で弾きます。これで⑦のところ、5度とオクターブで出来た、分散和音の伴奏が付けられました。この伴奏付けには、慣れてきましたか? 前回... 続きを読む

    2019年4月16日

  • 71回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.23 「月の砂漠」に5度とオクターブで出来た分散和音の伴奏を付けてみましょう。演奏順序の「Ⅰ」です。右手が①、②、③と弾きます。③に紫色が塗られているので、右手が③を弾く時に、左手は紫色の鍵盤に小指を載せて、右手と同時にこの鍵盤(ミ)を弾きます。次に人差し指で5度上の鍵盤(シ)を弾きます。そして、紫色の鍵盤のオクターブ上の鍵盤(ミ)を親指で弾きます。左手がこの三つの音を弾いている間は、右手は、③の鍵盤の上に載せたままにしておきます。... 続きを読む

    2019年4月9日

  • 70回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.22 5度とオクターブで出来た三音の分散和音の続きです。まずは、左手の小指をオレンジ色の鍵盤に載せます。次に、三つ鍵盤を空けてその隣の鍵盤に、人差し指を載せます。下から順に、一つずつ弾いてみましょう。最後に、小指より一オクターブ上の鍵盤を親指で弾きます。小指-レ、人差し指ーラ、親指ーレとなります。もう一度、下から順に、弾いてみましょう。レーラーレです。うまく弾けましたか? 次回からは、この三音でできた分散和音を使って、「月の... 続きを読む

    2019年4月6日

  • 69回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.21 前回から新しい伴奏形を始めました。5度とオクターブを組み合わせた分散和音です。今回はこの形を黄色の鍵盤で作る練習をしましょう。まず左手の小指を黄色の鍵盤に載せます。次に、三つ鍵盤を空けてその次の鍵盤に人差し指を載せて5度の和音を作ります。これを同時に弾くのではなく、下から一つずつ弾いてみましょう。最後に、黄色の鍵盤の1オクターブ上の鍵盤、すなわち「ミ」の鍵盤に親指を載せて弾きます。小指・ミ、人差し指・シ、親指・ミ、下か... 続きを読む

    2019年4月1日

  • 68回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.20 「月の砂漠」を5度の和音で伴奏を付けることができました。もう少し伴奏を工夫してみましょう。例えば、左手の小指を紫色の鍵盤に載せてみましょう。そして鍵盤三つ空けて、5度の和音を作る時の鍵盤に人差し指を載せます。これで、小指と人差し指で5度の和音ができました。この二つの音を同時に弾くのではなく、下から、一つずつ弾いてみましょう。出来ましたか? それが出来たら、もう一つ音を加えてみます。何の音かというと、小指が弾いた紫色の鍵盤... 続きを読む

    2019年3月27日

  • 67回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.19   「月の砂漠」の演奏順序は「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」「Ⅱ」でしたね。前回までの5度の和音での伴奏付で「Ⅲ」までやったので、それにもう一度「Ⅱ」を付ければ、曲が完成するということです。左手の5度の和音の作り方はマスターしましたか?紫色の数字を見たら、小指を紫色の鍵盤に載せて、中三つ鍵盤を空けてその隣の鍵盤に親指を載せて、5度の和音を作り、小指と親指を同時に弾きます。黄色の数字もオレンジ色の数字も同じようにして、5度の和音を作ります。   ... 続きを読む

    2019年3月22日

  • 66回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.18   5度の和音での伴奏付の続きです。演奏順序の「Ⅲ」です。右手が①、①、②と弾きます。②に黄色が塗られているので、左手は小指を黄色の鍵盤に載せて、中三つ空けてその次の鍵盤に親指を載せて5度の和音を作ります。右手が②を弾く時に、左手はこの和音を弾きます。次に、右手が③、④、⑤、⑥と弾きます。⑥に紫色が塗られているので、左手は小指を紫色の鍵盤に載せて5度の和音を作ります。右手が⑥を弾く時に、左手はこの和音を弾きます。次に、右手が⑦、⑧、⑨と弾... 続きを読む

    2019年3月21日

  • 65回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.17  左手の5度の和音を付けた伴奏の続きです。演奏順序の「Ⅱ」です。右手が①、②、③と弾きます。③に紫色が塗られているので、左手は小指を紫色の鍵盤に載せて、中三つ鍵盤を空けてその次の鍵盤に親指を載せて5度の和音を作ります。右手が③を弾く時に、左手は5度の和音を弾きます。次に、右手が④、⑤、⑥、⑦と弾きます。⑦に紫色が塗られているので、左手は小指を紫色の鍵盤に載せて5度の和音作り、右手が⑦を弾く時に、この和音を弾きます。次に、右手が⑧、⑨、⑩と弾... 続きを読む

    2019年3月18日

  • 64回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.16 前回5度の和音の作り方を憶えました。今回はこの5度の和音を使って「月の砂漠」に伴奏を付けてみましょう。演奏順序の「Ⅰ」です。右手が①、②、③と弾きます。③に紫色が塗られているので、左手は小指を紫色の鍵盤に載せて、ここから5度の和音を作り、右手が③を弾く時に、左手は5度の和音を弾きます。次に、右手が④、⑤、⑥、⑦と弾きます。⑦に黄色が塗られているので、左手は黄色の鍵盤に小指を載せて5度の和音を作り、右手が⑦を弾く時に、左手は5度の和音を弾... 続きを読む

    2019年3月14日

  • 63回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.15  「月の砂漠」の左手(伴奏)を少しオシャレにしてみましょう。まず左手の小指を紫色の鍵盤に載せてください。次に、鍵盤一つに指一本ずつ載せてください。ラ(紫色の鍵盤)が小指、シが薬指、ドが中指、レが人差し指、そしてミが親指というようにです。5度という音程の和音で伴奏を付けるので、この指の位置を憶えてください。この場合の5度の和音は、小指と親指だけで弾きます。考え方としては、色が塗られている鍵盤に小指を載せて、間(指3本分)を空け... 続きを読む

    2019年3月11日

  • 62回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.14  「月の砂漠」の演奏順序は、「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」「Ⅱ」なので、今回は最後の「Ⅱ」を両手で弾く練習です。60回目のブログでこの部分はやってはいますが、練習になりますので、もう一度やりましょう。右手が①、②、③と弾きます。③に紫色が塗られているので、右手が③を弾く時に、左手は紫色の鍵盤を弾きます。次に、右手が④、⑤、⑥、⑦と弾きます。⑦に紫色が塗られているので、右手が⑦を弾く時に、左手は紫色の鍵盤を弾きます。次に、右手が⑧、⑨、⑩と弾きます。⑩に黄... 続きを読む

    2019年3月10日

  • 61回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.13 演奏順序の「Ⅲ」です。右手は①、①、②と弾きます。②に黄色が塗られているので、右手が②を弾く時に、左手は黄色の鍵盤を弾きます。次に、右手が③、④、⑤、⑥と弾きます。⑥に紫色が塗られているので、右手が⑥を弾く時に、左手は紫色の鍵盤を弾きます。次に、右手が⑦、⑧ ⑨と弾きます。⑨にオレンジ色が塗られているので、右手が⑨を弾く時に、左手はオレンジ色の鍵盤を弾きます。最後に、右手が⑩、⑪、⑫と弾きます。⑫に黄色が塗られているので、右手が⑫を弾く時に、... 続きを読む

    2019年3月9日

  • 60回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.12 演奏順序の「Ⅱ」を両手で弾く練習です。右手で①、②、③と弾きます。③に紫色が塗られているので、右手が③を弾く時に、左手は紫色の鍵盤を弾きます。次に、右手は④、⑤、⑥、⑦と弾きます。⑦に紫色が塗られているので、右手が⑦を弾く時に、左手は紫色の鍵盤を弾きます。次に、右手は⑧、⑨、⑩と弾きます。⑩に黄色が塗られているので、右手が⑩を弾く時に、左手は黄色の鍵盤を弾きます。最後に、右手は⑪、⑫、⑬と弾きます。⑬に紫色が塗られているので、右手が⑬を弾く... 続きを読む

    2019年3月5日

  • 59回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.11   さあ、両手に挑戦してみましょう。演奏順序の「Ⅰ」から。右手は①の鍵盤に親指(1の指)を載せて、左手は紫色の鍵盤の上にあなたが使い易い指を載せてください。では、始めます。右手で数字譜の①、②、③と弾きます。③に紫色が塗られているので、あなたの右手が③を弾く時に、左手は紫色の鍵盤を弾きます。次に、右手で④、⑤、⑥、⑦と弾きます。⑦が黄色に塗られているので、右手が⑦を弾く時に、左手は黄色の鍵盤を弾いてください。次に、右手で⑧、⑨、⑩と弾き... 続きを読む

    2019年2月28日

  • 58回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.10  再び演奏順序の「Ⅱ」を弾きます。私が1,2,3と弾きます。3に紫色が塗られているので私が3を弾く時に、あなたは紫色の鍵盤を弾いてください。「ふたつー」の歌詞の部分の「のー」に伴奏が付けられました。次に4,5,6,7と弾きます。7に紫色が塗られているので、私が7を弾く時に、あなたは紫色の鍵盤を弾いてください。「ならんでー」の歌詞の部分の「のー」に伴奏が付けられました。次に8,9,10と弾きます。10に黄色が塗られているので... 続きを読む

    2019年2月26日

  • 57回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」 Vol.9   今回は演奏順序の「Ⅲ」からです。私が1,1,2と弾きます。2に黄色が塗られているので、この時に黄色の鍵盤を弾いてください。「きんとー」の歌詞の部分の「とー」に左手が付けられました。次は3,4,5,6と弾きます。6には紫色が塗られているので、この時に紫色の鍵盤を弾いてください。「ぎんとのー」の「のー」に左手が付けられました。次は7,8,9と弾きます。9にはオレンジ色が塗られているので、この時にオレンジ色の鍵盤を弾いてくださ... 続きを読む

    2019年2月24日

  • 56回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」Vol.8   演奏順序の「Ⅰ」の部分の10までやりました。次は、11,12,13と私が弾きますので13は紫色に塗られていますから、私が13を弾く時に、紫色の鍵盤を弾いてください。「ばるとー」の「とー」の時に、左手を弾きました。では次は演奏順序の「Ⅱ」に移ります。また私が1,2,3と弾きますので3に紫色が塗られているので、紫色の鍵盤を弾いてください。これで「たびのー」と歌われる部分の「のー」のところに左手が付けられました。また私が4,5,... 続きを読む

    2019年2月23日

  • 55回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」 Vol.7  前回の続きです。「月のー」まで伴奏が付けられました。つぎは私(インストラクター)が4,5,6,7と弾きます。7が黄色く塗られていますね。というわけで、あなたは私が7を弾く時にそれと同時に、左手で黄色の鍵盤を弾いてください。この部分は「砂漠をー」と歌われる歌詞の「のー」の時に、左手を弾くということです。次は、私が8,9,10と弾きます。10がオレンジ色に塗られていますね。ということは、私が10を弾く時に、あなたは私と同... 続きを読む

    2019年2月22日

  • 54回目のブログ

    「楽譜が読めない全くの初心者の方々へー大人のためのピアノ教室」 Vol.6 いよいよメロディーに伴奏付けです。いきなり、あなたが一人でやるのではなく、私(インストラクター)がまずはメロディーを担当して、それにあなたが正しいタイミングで左手で鍵盤を弾いてみましょう。「数字奏法譜」の番号を見てください。右手は1,2,3と鍵盤を弾いていきますよね。この数字の3に紫色が塗られていますね。この3の時に、あなたが紫色の鍵盤を弾くのです。これが正に「左手を弾くタイミング」なのです。では「つきのー」と歌われ... 続きを読む

    2019年2月20日


↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ