日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

YOU-PIANO教室

  • 夏休みの宿題がやってきます

    8月になりました。 ことしもあと5カ月です。 夏休みに入る学校も多いと思います。夏休みの宿題…なかなか親泣かせな宿題ですね。 早く自分で宿題を片付けて欲しい所ですが、だいたいは小学生の間は時間感覚がはっきりついていないので、ひとりで進めるのは難しい場合が多いと思います。 「はやめに宿題終わらせちゃおうね」「自分で1日にどれをやるか決めて毎日ちゃんとやろうね」など大人からしたら当然の感覚も10才未満には、まぁまぁわかりにくい感覚です。 結果的に毎日同じような量がこなせているように、少しざっ... 続きを読む

    2020年8月1日

  • 腹筋エクササイズ

    先週の4連休は皆さんどう過ごしたでしょうか。 今年はまだ梅雨が明けずにまだまだ晴れ間がないようですね。 湿度も高くて外の気温も高くなっていますので、エアコンは必要ですが、いつも冷やされた風に当たっているので体は少し疲れ気味かもしれません。 少しストレッチは汗ばむくらいのエクササイズをYouTube 見ながらやってみました。 少し緩くなったかな?という腹筋にはちょうどいい刺激だったと思います。 寝る前に6回やればいい腹筋エクササイズという別の動画にも惹かれて思わずチェックしてしまいました。 手軽... 続きを読む

    2020年7月28日

  • 集中力と練習時間

    多くのピアノ学習者やお家の方にとって、上達していくことが実感できると励みになるのは間違いないと思います。 練習しているのに上達している実感がない、少ない時は気持ちも上がりません。 練習時間と上達を比例しているとみる考え方をすることが一般的ですが、果たしてそうかな〜という感覚があります。 もう時効だと思いますので暴露しますと、私が小学生の頃には学年かける時間(小学3年生ならば練習は3時間)を練習するように親に強く言われ続けていました。そのためお友達と土日など時間を気にせずにたっぷり遊びたいのに... 続きを読む

    2020年7月25日

  • コンクールなどの運用情報

    今年の特別な状況でもコンクールやオーディションは、一部の地域では開催が中止のものもあるようです。 ピアノの部や他の楽器でのピアノ伴奏をする方は演奏、出番の直後に指の消毒をすることや、楽屋や客席の立ち入り範囲や人数に制限があることなど、それぞれのコンクール事務局の工夫により運用されているようです。 声楽や管楽器は息を発散する演奏方法ですので、さらに細かな制限があるようです。 それぞれ特別な状況の下ですが、できることを重ねていく考え方で最善を尽くしていきたいですね。  続きを読む

    2020年7月14日

  • 拍子に合わせて弾く感覚

    レッスンではバイエル20番代あたりから音を間違えないで弾けるだけではなく、拍子に合わせて弾くこともできるように工夫しています。 間違いを恐れてかなりゆっくりの速さで弾けたとします。でも遅いので拍子感覚のない、次の音が聞こえるまで時間がかかる並べ方になっていてこれは楽しめるとは言えないと思いますね。 ミスは気にしないで、少し速めで弾いて拍子をいちにっさんし…と弾むくらいの感覚が出てくる速さで弾けたらとても楽しい経験になります。 さらに次のステップとして、弾きながら口で拍子を言うことも挑戦してい... 続きを読む

    2020年7月10日

  • 指先をつぶしてひいてしまう

    ピアノは鍵盤を触るときの指先の使い方で色々と音色を変えたり、いくつもあるリズムパターンもスムーズに弾ける楽器です。 指先は立てて…ということは何度も聞いていると思います。頭では分かっていても指先は第一関節が潰れた状態で鍵盤を押していることがほとんどの人に見られます。 脱力?上達のコツ?言葉にすると限度がありますが、指先の使い方を習得するための一番の近道は沢山弾いて鍵盤に触ることだと思います。 使い方が感覚的に分かった状態だと指先に必要な力の量を体全体で調節して、必要な量の力で鍵盤を触るこ... 続きを読む

    2020年7月7日

  • ピアノに座る椅子の高さは

    こんにちは。 毎度のピアノ小話ですが、今回は椅子の高さを教えてみたいと思います。 椅子の高さや座る時の姿勢は大人の体格になってれば、ある程度個人差が出てくることでもあります。 あくまでも目安のひとつとして書いてみたいと思います。 小学生では低学年と6年生では大きな差があることでもあります。 家での勉強する座り方にも共通する要素があると思いますが、お子さんの身長が130cmくらいより下でしたら椅子の高さは1番高い座面。 それでもさらに数センチ高くしたいところです。 身長140cmを超えてくるあたり... 続きを読む

    2020年6月28日

  • 発表会でのルーティン

    よくスポーツでは競技ごとにそれぞれ試合前の決まった動きや形、ルーティンがある方を見たり、記事で書かれたりしていますね。 ピアノや音楽では試合はありませんが、発表の場や自分の力を出し切る場はスポーツでの試合と似ているとも思います。 皆さんは決めている動きやげん担ぎのようなことあるでしょうか? 発表会やコンサート当日、会場ではそもそも会場が普段と違いますし、自分の着ているものも違いますから、ただでさえ普段とは違う気持ちや感覚に襲われている状態です。 ひとつふたつはいつもと変わらないことをやる... 続きを読む

    2020年6月24日

  • すらすら楽に弾く体のポジション

    バイエル中盤の30番台から、左右の指で弾く音も同じではなくなって違う音の組み合わせが増えていきます。 考えなくても指が勝手に動いている状態になると楽に、自然な音で弾いている状態ができます。 この先は音符の種類が8分音符が混ざったり、装飾音が数回出てきたり、黒鍵を使うことも出てくる…というのが定番の進みになります。 上手に弾けているね〜と言いたくなるのはこうした音の並びが増えていく各段階でも、指の動きがちぐはぐにならずに余裕ある動きで安定して弾いている時です。 この状態になるために、10回ずつ... 続きを読む

    2020年6月20日

  • 身近なテーマ 座り方

    ピアノは座って弾くのが一般的な楽器ですが、ポップスやバンドの世界ではキーボードやシンセサイザーの人は必ずしも座っているだけではなくて、立ってプレイすることも一般的です。 教室のレッスンではほぼ座ってピアノを弾くので、座っているときの体の姿勢や状態には考えることが多いテーマです。 ワタシを含めて大人の方はまたお腹周りが気になるのもまた、座り方を気にしたりすることで改善されるようですよ。 座るときに仕事したり食事したりと何か体の前で動作をすることが多いので、体重は体の前に常にかかる状態です... 続きを読む

    2020年6月9日

  • ピアノメリット

    最近の自粛期間が良い効果になっているのか?自分で弾いているだろうと思える生徒さんの指運びがスムーズになっていると思います。 基本的に体の動作を伴うものは反復練習を重ねて動作として定着させていくことで質が上がります。音楽での楽器の扱い、声楽は直接体を使うので、さらに内臓や肺、喉、頭蓋骨の構造と、今どこに息を運んでいるかの感覚と経験量に比例して上達します。 スポーツでも競技によって扱う道具は違いますが、道具の扱いと自分の体の動かし方を理解するには、体をどれだけ動きとして意識して頭で理解、情報... 続きを読む

    2020年6月5日

  • 音楽するときの脳トレ

    オンラインレッスン化してみての収穫は、小学生の生徒さんでも楽譜を読むときの少し頭も使うということの基礎になる言語化のトレーニングとしても良い使い方になっているかもしれないなという点です。 レッスン中にやりたい場所を示すときに、リアルレッスンでは楽譜を指差すなどして一瞬で済むことも、オンラインでは「○段目の○小節」というように言葉で示すため、生徒さんが何才であっても自分の頭で「どこかな」と考えて探す必要が出て来ます。 おうちの方に協力してもらい、「先生が言っているのはここよ」とお手伝いしても... 続きを読む

    2020年5月31日

  • 解除のあとのレッスン状態

    コロナウイルス感染の拡大を受けての4月の緊急事態宣言が25日に解除になり、オンラインレッスンに切り替えての運用が増えていましたが少しずつオンラインと対面式のリアルレッスンが混ざっているような状態です。 秋ころまでか来年も冬にはまたぶり返しがくる可能性もある想定をして普段より気を付けていきたいとおもいます。 続きを読む

    2020年5月29日

  • 解除のあとのレッスン状態

    コロナウイルス感染の拡大を受けての4月の緊急事態宣言が25日に解除になり、オンラインレッスンに切り替えての運用が増えていましたが少しずつオンラインと対面式のリアルレッスンが混ざっているような状態です。 秋ころまでか来年も冬にはまたぶり返しがくる可能性もある想定をして普段より気を付けていきたいとおもいます。 続きを読む

    2020年5月29日

  • ピアノを弾く時間が増えたかな

    3月からの休校、4月の緊急事態宣言とおうちにいる時間が普段学校があるときの4倍!くらい増えた影響でしょうか?いつもよりピアノを弾く時間が増えたように思うケースがたくさんあります。 家でも学校の宿題が終わってあとはピアノを弾いていますよ…というお話もよく聞きます。 色々自粛はありますが、この時期の成果のひとつではないでしょうか。 ピアノが近くになったという感覚が育つのはレッスンだけでは難しいので毎日のおうちでのちょっとしたことの積み重ねも大きいと思います。 ピアノでできる感覚が身についたり育... 続きを読む

    2020年5月21日

  • 姿勢のお話

    土日の空いている時間にネットニュースなどを見ていたところ、勉強の成績と姿勢に関係があるというような記事を見ました。 勉強するときに机に向かう座っているときの姿勢で、背中が猫背になりやすいというのは他の記事でも読んだことがあります。 座っているときの特に背中が曲がると、上半身を支えている背中がテントでいう支柱の役割を果たせなくなる状態になってしまうので背骨の上にある頭や肩、腕など全部の部位に影響してしまうということです。 頭が下がってしまうから机との距離が近くなり、さらに支えていられなくな... 続きを読む

    2020年5月17日

  • ピアノ、音楽を楽しむメリット

    色々なところでピアノを習う良さや効果は目にされていると思います。 情操教育や発達に良い、指を動かすことが脳の細胞で使われる神経伝達系の刺激になる、 リズム感がついてスポーツ競技の選手たちも子供の頃にピアノを習っていた人が割といるなど。 自分でピアノを弾くと実感しますが、子供のころ曲は初級期で長さが30秒や1、2分くらい。生活の中での30秒はとても短くてテレビをよく観るお家ですとコマーシャル2本くらいの時間ですね。 コマーシャルが流れている30、40秒の間は皆さん何をしているでしょうか?だいたいは見過... 続きを読む

    2020年5月16日

  • ビデオ撮影

    今年はこの時期に発表会を予定していたのですが中止にしたので、レッスンで弾いている曲が仕上がったら先生がビデオ撮影してお家のひとに送るようにしています。 ビデオを撮ると言うのは前もって知らせないで、いきなりその場で伝えて大丈夫そうな生徒さんは撮る形ですが、だいたいはその変化球に対応できるくらい余裕があります。 発表会ではよく緊張するということは聞きますが、人間なので人の前で何かやるときには緊張するのは自然なこと。 それに対応していく経験を短時間で少しずつ重ねていくうちに、中学生で5分くらいで... 続きを読む

    2020年5月15日

  • 音響の改善

    いつもより時間があるときですので、少しずつでも前からずっと手をつけたかったグランドピアノの下(笑)の整理をしています。 分かる方には分かると思いますが、ピアノの脇とか下のちょっとしたスペースにヒョイっとちょっとした物を「今だけ」と思って置いたりしているのが見事にたまっていました。 ピアノの下には響板と言って鍵盤を押して音を出した後にその響きを増やしてくれる役割を持つ木製の板があります。その場所に物を色々と置きすぎると、聴こえる響きも少し違ってくるので整理してみるとやはりスッキリと物も無く... 続きを読む

    2020年5月14日

  • STAY HOME

    おうちにいる時間が増えた2020年。テレビのつけっぱなしをやめて音楽を聴くのはどうでしょう? 子供の頃と現在では当然社会構造は変わっていますが、子供のときにはご飯のときなど良く家族で音楽を聴いたことを覚えています。 今では音楽を聴くかわりにテレビの音がしているというおうちは少なくないと思います。 音楽は曲名は知らなくても、メロディや音のつながりでかすかでも記憶しているものです。 今聴こえる音楽は誰かが作った曲。その曲を作った背景は?メロディの音の配置や仕組みは?どういう時代の作曲者なのか?当時... 続きを読む

    2020年5月9日


↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ