日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

弾く姿勢

基本的には、鍵盤上に自然に手を置いてみて、前腕と地面が大体並行になるような高さにすることが理想です。

もし高すぎた場合は手が浮いてし まい、不安定なうえ不自然に筋肉をつかって押さえつけるようなかたちとなります。

低すぎた場合、必然的に肘がさがる、もしくは肩があがります。

肘が下がった状態で弾くと鍵盤にぶら下がるかたちとなり、重さが加わって楽に打鍵することができる感覚があると思いますが、跳躍やアルペジオなどポジションが瞬間的に移動するような動作になると、少し腕を持ち上げて行わなければならず多少の負荷がかかります。

ある程度の低さはそこまで弊害はあるとは思いません。ピアニストによっては低めに椅子を調整する奏者もいますので、そのあたりは好みでしょうか。

ただし肩があがってしまうような姿勢だと、これは良い面はないので止めておいた方がいいでしょう。


↓お問い合わせは、こちらからどうぞ!↓

↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ

↑体験レッスンお申し込みも、こちらからどうぞ!↑