日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

埼玉川口ミューズ林田P教室

  • ◆体験レッスン/3才半~初心者/オンラインにも対応!

    ◆埼玉川口/蕨/戸田/ミューズ林田ピアノ教室です。 Welcome。。。。。。。。。。。。。 ★体験レッスン実施中/3才半~初心者OK!  (紹介の方・チラシ持参の方は無料です)  (体験レッスン後、当日入会の方は無料です)   (体験レッスン/30分/¥1800) ★コロナ禍の為:  新しい靴下・マスク・除菌シートを持参下さい。 ★素足・マスクなし・除菌剤での手消毒なしの方は  お断りしております。 ★オンライン&対面レッスン実施中★ ★戸建ての為、換気は常時可能/送迎も安全安心! ★西川口駅西口から徒... 続きを読む

    2024年7月12日

  • 「ワンポイント」モーツアルト/ピアノ協奏曲・戴冠式

    ◆埼玉川口/戸田/蕨/南浦和/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。。。 小学1年生Yちゃんの お姉さんのYさん。 小学3年生からの 遅いスタートでしたが、 進みが早く 今回の発表会では、 モーツアルトの「ソナタ」にも 挑戦しました。 発表会では初めて姉妹2人で、 「連弾」にも挑戦しました↓ 中学1年になったYさんは、 部活は「吹奏楽部」に入り トロンボーンの担当になりました。 通常レッスンでも 「ポリフォニー」が進み、 楽譜の複雑さと同時に 新し... 続きを読む

    2024年7月12日

  • 「3歳のレッスン」となりのトトロ2/左手も難しいね?

    ◆埼玉川口/戸田/蕨/南浦和/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。。。 「3歳のレッスン」のカテゴリー。 ”となりのトトロ/弾くのは難しい?” の、後半です。 1年生のyちゃん。 前編では「変拍子」の リズムの難しさについて、 主に書いています。 後編では、 左手の「音の難しさ」についてです。 小さい生徒さんの導入期では、 「手のポーズ」も大切になります。 この「手=指のポーズ」を 適当にしていると、 *指のそれぞれの関節。 *指には三カ所。 ... 続きを読む

    2024年7月11日

  • 「3歳のレッスン」体験レッスンの一番のポイントは? スタート以前が重要

    埼玉川口/蕨/戸田/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。 3才後半のK君。 体験レッスンは順調に進みます。 楽譜は5本の線に書かれています。 歴史的には羊の皮に、 「11本や9本や7本の線を書いた」時代を経て、 5本に落ち着いた」と言う流れを持っています。 ◆下の「ト音記号」の音符は、 右手の「真ん中のド」です。 ◆「ヘ音記号」の音符は、 左手の「真ん中のド」です。 ★この5線と音符の丸の形の関係が、 子どもには難しいのです。 例えば、 ★線の真ん中に〇... 続きを読む

    2024年7月10日

  • 「3才のレッスン」育児もピアノも基本は同じ?

    ◆埼玉川口/蕨/戸田/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。 ママやパパからの多い質問は 「どうしたら音楽好きの子どもになりますか?」。 丁度この記事を書いた時 地元の病院が毎月発行しているFree冊子に、 小児科医のコメイントが掲載されていました。 O先生の記事内容は、 「子どもの発達とあそび」について。 0才からの月齢に合わせた おもちゃの選び方や与え方についてです。 指先の動きと頭との 連動・興味の持たせ方など、 とても勉強になる内容です。 しかし... 続きを読む

    2024年7月9日

  • 「3才のレッスン」体験レッスンではどんどん質問を!先生選びのこつは?

    ◆埼玉川口/蕨/戸田/ミューズ林田ピアノ教室です。 Welcome。。。。。。。。。。。。。 この4月から入園された年齢ですので、 初めての人や場所にすぐに入っていけるのか? お母様は心配されています。 特に3才~4歳位のお子様は月齢の違いがとても大きく、 1人1人の心身の発達段階の違いが大きいので、 1回の体験レッスンでは無理な場合も出て来ます。 そんな時には初回は親御様に私のレッスンへの思いや、 レッスンポイントのお話をメインに。 そして親御さんの心配な事や質問などを... 続きを読む

    2024年7月8日

  • 「お客様の声」七夕/出会いと別れ

    ◆埼玉川口/戸田/蕨/南浦和/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。。。 七夕。 それにしても 連日35度超えの猛暑・・。 梅雨も明けてないのに・・? 本番の夏は、 どうなるんだろう?? 生徒さんや いつも送迎して下さるママに、 短冊に「ありがとう♡」の メッセージを書いて、 渡しています。 大きな「ハート=♡」の シールを貼って! 七夕の日は、 「出会いと別れの日」でもあります。 年長さんから通って下さった Iちゃん。 4年生になり 好きな曲も弾... 続きを読む

    2024年7月7日

  • [3歳のレッスン」となりのトトロ/なぜ 弾くのが難しいの?

    ◆埼玉川口/戸田/蕨/南浦和/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。。。 小学1年生のYちゃん。 コロナ禍でスタートが 予定より1年遅れてしまいました。 お姉さんに時々 付いて来たいたので、 レッスンにはすぐに順応です。 ピアノの進みも早く、 漢字も算数の計算もすでに クリアしています。 レッスン曲は? 久石 譲:作曲の「となりのトトロ」。 名曲ですが、 弾くにはリズムの「変拍子」が多く とても難しい曲です。 どんなリズムが?↓ ◆特に難しい... 続きを読む

    2024年7月6日

  • 「3才のレッスン」小さい時から頭を使うレッスンを?

    ◆埼玉川口/蕨/戸田/ミューズ林田ピアノ教室です。 Welcome。。。。。。。。。。。。。 ご両親も送迎に熱心に協力くださり、 宿題もお約束もしっかり守って来てくれるKくん。 ノートの宿題は、 中央のドからト音記号とヘ音記号の音符を書くこと。  曲も進んで難しくなってきます! その時にただ、「あってるか?間違っているか}の 正確さだけを追求してしますと、 ピアノが「好きっと」いう、 本当に大切なモチベーションを失ってしまいます。   これこそが一番残念なこと! そこで「音符... 続きを読む

    2024年7月5日

  • 「ワンポイント」4人分を1人で弾くには? クラシックの歴史をする大切さ!

    埼玉川口/蕨/戸田/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。 クラシック音楽の基礎は、 「多声旋律」の考え方です。 つまり ピアノと言う楽器が発展する前は、 教会の「祈り」であり、 (グレゴリオ聖歌) その祈りが高低の違いにより 「ハーモニー」になり、 それが自然発生的に 「メロディー」となり、 歌へとなって行きました。 当時の”吟遊詩人”や 神父たちが、 人々に伝えていったチカラは 大きいと思います。 こんな背景の中から 楽器の発展が大きく... 続きを読む

    2024年7月4日

  • 「ワンポイント」フリー枠を使って/受験生やシフト制のお仕事の方に!

    ◆埼玉川口/蕨/戸田/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。 受験生/シフト制仕事(介護や医療関係の方など)に向けて。 「フリー枠」についてです! ◆フリー枠とは? ・・・シフト制のお仕事や中高受験生に好評です。 ・・・毎月の回数を決め、    シフトが確定した日程に合わせ    レッスン日程を決めて行きます。 ・・・平日と夕方と土曜日の組み合わせや    シフトがはっきりした時点で相談しながら    回数分の日程を決めて行きます。   受験生や介護... 続きを読む

    2024年7月3日

  • 「3才のレッスン」先生を見抜くチカラ?

    ◆埼玉川口/蕨/戸田/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。 体験レッスンで すぐに入会されたYちゃん5歳。 レッスンも3か月目に入り、 [ドレミファソ]と音も増えて来ました。 途中でつんだお花、 お絵かきを持って来てくれます! 体験レッスン後、 翌日に入会されたHちゃん4歳。 Kちゃんとは月齢が10ヵ月違います。 この「月齢の差」も小さいお子様の場合には、 十分に考慮しなければならない大切な要素です。 1人1人違う生徒さんには 「共通の魔法のレッ... 続きを読む

    2024年7月2日

  • 「ワンポイント」音大受験/なぜバッハは必要なの?

    ◆埼玉川口/戸田/蕨/南浦和/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。。。 高校生のYさん。 ピアノと関わる仕事を 希望しているので、 音楽系の大学受験を 相談しながら準備中です。 音大受験の実技試験には 各大学により違いますが・・。 おおよそ↓ ●技術的な要素を見る エチュード(練習曲の総称)。 ●音楽構成力(多旋律音楽)を見る バッハの多声旋律の平均律など。 ●古典派のソナタ作品の 各楽章の指定あり。 これらの組み合わせで、 課題曲として出題さ... 続きを読む

    2024年7月1日

  • 「ワンポイント」おどるポンポコリン/なぜ手書き楽譜を?

    ◆埼玉川口/戸田/蕨/南浦和/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。。。 市販のテキストだけでは 生徒さん一人一人の、 「理解不足」の部分の フォローはできません! どんなに 「口で説明」をしても、 音楽の 「具体的なタイミング」のリズムは, 「生徒さん自身」が 自分で「体感」するしかありません!! 進みが早い生徒さんは 年齢に関係ありませんので、 年齢が低くても ”リズム計算”は、 より複雑で難しくなります。 年齢の低い生徒さんへのフォローは、 ... 続きを読む

    2024年6月30日

  • 「3歳のレッスン」リズム「+-×÷」の概念は外せない?

    ◆埼玉川口/戸田/蕨/南浦和/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。。。 音楽の基礎は "何だ"と思われますか? 俗に言う「耳コピー」や、 「youtube」で弾く指をひたすら覚える? 今はこんな勉強の方法も、 可能ですね・・・。 でも、この方法だけではやはり 「限界」はあるもの。 特に音楽では 「楽譜の読み/書き」が、 音楽の「基本」に なってくると思います。 特に両手で弾く 「ピアノ楽譜」は、 楽器の中でも 難しい楽譜なのです。 ピアノは楽器の中... 続きを読む

    2024年6月29日

  • 「芸術手記」ハレルヤ/6月はジューン・ブライド

    ◆埼玉川口/戸田/蕨/南浦和/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。。。 6月は 「ジューン ブライド」ですね♡ クラシック音楽の原点でもある グレゴリオ聖歌。 つまりヨーロッパの教会で 「典礼/祈り」が、 いつの間にか メロディーを持つ「聖歌」になったのが、 グレゴリ聖歌です。 ヨーロッパで発展した クラシック音楽は、 教会との関わりが深いのです。 神父様が行うミサの中の 「祈り=典礼」に、 自然発生的に 「メロディー」が加わり、 皆で合唱... 続きを読む

    2024年6月28日

  • 「3歳のレッスン」スタート時が勝負?書く事は外せない!

    ◆埼玉川口/戸田/蕨/南浦和/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。。。 ピアノのレッスンでは、 「弾く」事を最優先してしまう傾向が どうしてもあります。 スタート時の年齢・動機や 一度挫折してしまった経験など、 生徒さんは様々です。 様々な生徒さんに対応するには、 入会時に指導者の 「レッスンへの思い」を、 しっかりお話する事が先ず大切です。 私は 親御さんや大人の生徒さんに、 ピアノを弾く事だけが 「音楽ではないですよ!」と、 時間をかけてお話しています... 続きを読む

    2024年6月27日

  • 「3歳のレッスン」こぶたぬきつねこ/レッスンの戦略は?

    ◆埼玉川口/戸田/蕨/南浦和/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。。。 現代の技術をもっても「変化ウィルス」の恐怖に、 明け暮れる日々がまだ続きます。 SF映画に描かれていた事が、 そのままになった感覚です。 試行錯誤しながらのレッスンも続きます。 まだコロナ状況を確認しながら、 生徒さんそれぞれの環境や体の状況も、 常時聴きながらの対応です。 オンラインレッスン時の経験が、 対面レッスンが無理期間の時の とても貴重であった事が再認識しています! そ... 続きを読む

    2024年6月26日

  • 「ワンポイント」ブルース列車/ジャズアレンジとは?

    ◆埼玉川口/戸田/蕨/南浦和/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。。。 今回のレッスン曲は、 JAZZのビートにのったこの曲↓ レッスンでは 音楽には色々なジャンルがあり、 クラシックが全ではない事も 経験してほしいのです。 作曲家やジャンルに 固執しない様に、 レッスン曲を選んでいます。 これは今までの *自分がしている勉強。 *演奏/指導。 *オリジナル コンサートの プロデュースなどの経験。 音楽ジャンルにこだわらない事は、 音楽全体の... 続きを読む

    2024年6月24日

  • 「3歳のレッスン」早い時期からのアンサンブルの大切さとは?

    埼玉川口/蕨/戸田/ミューズ林田ピアノ教室◆ Welcome。。。。。。。。。。。。。 特に小さい生徒さんの 「導入レッスン」では、 ◆ソルフェージュ: (ピアノを弾くだけではなく、 音楽全体の基本となる 読譜やリズム計算などの練習) と、 ◆アンサンブル: (他の楽器と一緒に曲を創って行く)を、 重点的にしていきます。 ピアノは 「1人オーケストラ」の異名もある通り、 1人でオーケストラ並みの演奏ができ、 作曲家が一番多く作曲した楽器です。 曲数が「生楽器」の中で ダ... 続きを読む

    2024年6月23日


↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ