日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

西所沢音楽教室 ピアノコース・バイオリンコース

  • 防音室内覧会に行きました♪

    所沢駅から徒歩10分位の閑静な住宅地に(株)CRAによるリノベーションした防音室付き賃貸物件を完成前(来春3月完成)に見学する機会があり、出かけてきました 続きを読む

    2018年10月19日

  • ピアノのあるホテルでN.21♪

    久しぶりに箱根の玄関口は宮ノ下のホテルにうかがいました♪ 以前は会社の保養所でリニューアルオープンしたそうです(最近は多いタイプです) 急な坂と古い路地の中にひっそりとした佇まいを見せていました ガラス張りの正面からはロビーのグランドピアノの姿がしっかりと見え、とても存在感があります 続きを読む

    2018年10月14日

  • ピアノの歴史♪

    最初のピアノをクリストフォリが1709に発明してから現在まで約310年経ちました♪ 番組では最初にフォルテピアノのためにジュスティーニが作曲した曲からモーツァルト、ハイドンそしてショパンに至る曲が演奏されました モーツァルトまでは現在と白鍵と黒鍵が逆転していてなれるまで戸惑いがありますね 続きを読む

    2018年10月7日

  • 音大の定演に行きました♪

    先週 まだ残暑の中 池袋は芸術劇場で定期演奏会が行われました♪ soloistは震災に遭われた宮城県出身の方です フィギュアの羽生選手も同じ出身地で、やはり心構えに筋が通っているのですね 今回はBeethovenのエグモント序曲と4番のコンチェルトそしてベルリオーズの幻想交響曲 4番のコンチェルトと幻想交響曲のプログラミングの共通性を聴きながら考えました するとひらめきました‼何とviolaの効果的な使用でした! 幻想交響曲はviolaをイメージしやすいですが、4番のコンチェルトは2楽章終わりにその部分が現れた... 続きを読む

    2018年10月1日

  • ドビュッシー没後100年 N.2♪

    2018年はドビュッシーの記念する年ですが(20世紀の巨匠バーンスタインの生誕100年も忘れてはいけません)、作品数からは何と言ってもピアノ曲が上げられます その中でも晩年の「喜びの島」は単一楽章の作品としては最高傑作と言えるのではないでしょうか⁉ 作曲技法では全音音階、教会旋法、平行進行等で機能和声からの逸脱で古代や中世のような響き! 曲名の一部Joyeuseとは中世シャルル1世からナポレオンまで受け継がれた黄金の剣をも表します 曲中ではその存在をまるでベールで包まれたような不思議な響きの中から... 続きを読む

    2018年9月22日

  • ドビュッシー没後100年♪

    没後100年の2018年は演奏会でも数多く取り上げられました! まず音楽史では管弦楽曲の特に「海」(葛飾北斎の浮世絵でも有名)が意義深く、そして自身がpianistでもありピアノ曲が上げられます 自身のドビュッシーとの最初の出会いは「子どもの領分」から小さな羊飼いでした 番組でも触れていましたが大人側から見た子どもの世界なので、少ない音符での表現がつまらなく(失礼!)、真価がわかったのは大人になりconcertで「子どもの領分」を取り上げてからです 同じような事がシューマンの「子どもの情景」にも当てはま... 続きを読む

    2018年9月15日

  • 秋シーズン始まりました♪

    いよいよ恐い台風が多い季節となりました!♪ 最近は自然災害の規模が大きく、驚きと恐さを感じます 人間が知恵を駆使して創る物は偉大ですが、自然の猛威にはひとたまりなく飲み込まれてしまう脅威! もちろん外での仕事の移動やレッスンも被害を被る事もありますが、きもち早めの用意や予定のシュミレーション対応で何とか乗りきっています… それでも伴奏者等何人か呼んでいる時は心配になりますので、天気予報が欠かせません(最近は当たる確率が高いですね) 台風や雪や遠距離でも予定の全員がそろうと、感激です!... 続きを読む

    2018年9月8日

  • いよいよ9月に突入♪

    夏休みも大学生以外は終わり2学期が始まります! 個人的には9/1は開館以来、欠かさず近くのホールの抽選会に参加していましたが、今回はホールリニューアルのため抽選会は無しとなりました… 昨年からわかっていたものの、いざその時が来てしまうと何とも言えない空虚感を感じています 抽選会の1週間前からは希望日の検討を考えられる限り重ね、当日はホールの係員がビンゴを回す度に緊張し、番号が呼ばれるまで神頼みをしていました! まるでドラマのようですが、長い間には寝坊して遅刻したり、自転車で転び負傷しな... 続きを読む

    2018年9月2日

  • 定期演奏会終了♪

    今週末、高校音楽科の生徒が無事 定期演奏会を終了しました♪ 今回はいつものホールではなく、学校からも距離があり勝手が違ったようです 高1の生徒は入学後のオーケストラ参加となりますが、高2の生徒はすでに1月頃に来年度の全国大会の出場権をかけ予選会がありました 今年度については3年生は定期演奏会を最後に引退となります 先日のコンクール予選後、部活としては年間の最大イベントに向かい、今年度は中心的存在として健闘しました! 曲目は古典派の王道ベートーヴェン「運命」、そして新古典派のストラビンス... 続きを読む

    2018年8月27日

  • 2大ライバル♪

    ときに同時代、同世代どうしはライバルとして比べられ、話題になります! フィギュアスケートの浅田さん&キムヨナさん、子役時の芦田さん&本田さん等… 音楽史でもバッハ&ヘンデル、ショパン&リスト等… 最近の番組ではショパン&リストについて、音楽以外の理由である時期、仲違いしたものの間を経てお互いのピアニストとしての音楽性を尊重した良き友人に戻ったとのこと! 浅田さん曰く、ライバルがいたからこそ自分自身の成長につながったと バッハとヘンデルは同じドイツ出身で近くで活動していた時期もすれ違い... 続きを読む

    2018年8月19日

  • コンクール予選突破♪

    先日のクラシックコンクールのバイオリン部門で当教室の受験コースの生徒が予選突破し本選に進む事となりました♪ 受験曲の練習からあまり期間がなく、最初の伴奏合わせでは本来のテンポで弾くのが難しい状態で不安要素多しという感じ… しかしながら わずかな期間でも回を重ねる毎に難しい部分が解決されてきました! そして本番3日前にはノーミスに近く、その段階では納得できる様子となりました(台風がやって来て大変な悪天候下でした‥) その間には音大夏期講習を受け効果的なレッスンもありましたが、しっかりと吸収... 続きを読む

    2018年8月13日

  • ピアノのあるホテルでN.20♪

    シリーズ20回目の記念となる 7月末、日光にあるアンティーク調のプチホテルにお邪魔しました♪ ロビーやレストランは英国からの家具やどれもこれも目を奪われる調度品で上品にまとめられていました 木目調の趣のあるピアノ付近にはオーナーのお嬢様が実際に使われた1/8バイオリンがあり、インテリアへのこだわり音楽や訪問客への愛情が深く伝わってきます‼ 撮影の合間には何と野生の鹿が姿を現わし歓迎?を受けました! 外は夏真っ盛りですが、何処かしら秋の気配が感じらました⁉ さてバイオリンコースの伴奏合わせ... 続きを読む

    2018年8月5日

  • 音大夏期講習会始まる♪

    大学も前期授業が終了する頃となりました! 記録的な暑さの中、音大生たちは実技試験に奮闘しました♪ 先生方は実技試験審査の後すぐ夏期講習会へ突入というハードなスケジュール! 高校音楽科の当教室受験コースの生徒も某音大夏期講習会へ参加します 受験生は講習会で初めて音大の先生に出会う場合はいかに第一印象良くアピール出来るか⁉という試練‼ 講習会を終えるとバイオリンのコンクールも控えているという緊張の日々です この熱い⁉夏は後々振り返ると 必ずや良き思い出となることでしょう… ... 続きを読む

    2018年7月29日

  • 夏の音楽祭♪

    夏もたけなわの頃ですが、欧米をはじめとして日本各地で多くの音楽祭がおこなわれています♪ 先日の題名のない音楽会でも若手violinistの三浦氏や師であり大御所のviolinistの徳永氏等、4名の演奏家と司会達で野外音楽祭ならではのハプニング話で盛り上がりました! 突然の風には悩まされます ホテルやホールの舞台でも空調の関係で急に風がやって来ることがあります そのため用紙を二重にしたり、クリップ類は必須です 収録スタジオ内でもクラシック音楽界の名手達がリラックスした雰囲気で「愛の挨拶」をアンサンブル... 続きを読む

    2018年7月23日

  • ピアノの弾ける棋士六段♪

    2018.07.16 定期購読している機関誌に金井六段がピアノが弾けるイケメン棋士として紹介されていました♪ 両親が音楽家でウィーン生まれという将棋界では異色の経歴です その彼は将棋もピアノも一回だけの本番に快感を感じるとのこと! そして逆境の時にも自分のベストを出せる心と技の準備が大事であると!   まさに心技一体の境地です  天才と言えども努力は怠らず、いや努力を出来る人が天才なのでしょうか⁉ ♪夏の入会の問い合わせはお気軽に♪ 所沢市西所沢音楽教室(ピアノ教室... 続きを読む

    2018年7月16日

  • 伴奏合わせ開始♪

    七夕を過ぎ中高生たちの期末試験も終了となりました! 新中学生たちは初めての本格的な定期試験を終えて、ほっとしたことでしょう⁉ 今まで録音での練習はしていましたが、先週末から本番での伴奏者を呼んでのレッスンとなりました♪ 録音もして状況がいつもとは違って緊張感があり、ピリッとしまります! いつもは弾けているのに、止まってしまう場合もあります しかしながら 何があっても最後まで弾き続ける事も練習のひとつです 何回かのうちには合わせるのにも慣れて、ペースがつかめてきます     「習う... 続きを読む

    2018年7月8日

  • ピアノのあるホテルでN.19♪

    久しぶりに北軽井沢の高原のプチホテルに伺いました♪ 大きなガラス窓から明るさが入り生花も沢山飾られていました 花に囲まれたグランドピアノでは森の異次元の世界に浸れそう?! 7月に入り梅雨明けして夏本番となりました! そんな中、中高生たちは期末テスト前または最中! 暑さに負けじと励みましょう‼ 当教室でも夏休みのレッスン予定を伴奏合わせを考えての調整が悩めるところです しかし 来るべきコンサートに向かいモチベーション高く保ちたいものです!       ♪夏の入会の問い合わ... 続きを読む

    2018年7月2日

  • 室内楽コンサート♪

    江古田の音大ブラームスホールにて久しぶりにカルテット四重奏より人数の多い弦楽六重奏、八重奏を聴いて来ました♪ まずはホールの名前にちなみブラームス:弦楽六重奏N.1、 この2楽章はタンゴの編曲でも有名で何とviolaからのソロスタート! 交響曲N.3の3楽章を彷彿させ、やはりブラームスはviola好き?! 次の曲はメンデルスゾーン:弦楽八重奏は交響曲N.1「イタリア」のように明るく晴れ渡る空をイメージさせ、爽やかに開始♪ 最終楽章はソロで最低音域celloから第1violinまで順番にテーマを開始して圧巻のフーガ... 続きを読む

    2018年6月23日

  • オルガンのある教会でN.3(ピアノのあるホテルでN.18)♪

    那須高原のホテルの広い敷地内にある教会にコンパクトながらも本格的なオルガンが備え付けられていました♪ 太陽の塔をイメージした明るい雰囲気の内装で、初夏にはぴったり! 教会は威厳があり重厚なイメージがありがちですが、ポップな感じも気軽で良いですね… 併設のホテルにも白いグランドピアノがあり、軽いライトなイメージ♪ 白いピアノには衣装はやはりラベンダー色かと⁉ 最近、白いピアノは中々お目にかからないので、幸運でした♪ 色は曲や調性のイメージを左右する要素の一つでもあります  6月も後半... 続きを読む

    2018年6月18日

  • ステージの使い方♪

    コンサートホールには高さのある舞台のタイプと平らな部屋タイプに大きく分かれます 各々の良い面がありますが、個人的には前者の舞台のタイプを好んでいます 通常では味わえない異次元の空間の響きは何とも言えない高揚と緊張感でアドレナリンを刺激します‼ 最近の番組「題名のない音楽会」ではほとんどの観客が楽器を構えて、舞台上の演奏者と一体となりコミニュケーションする場面が数多く見られ、ホール全体が大盛り上がり! ルネサンスからバロックにかけて(元は古代ギリシャの頃から)左右対称に合唱(合奏)隊が分... 続きを読む

    2018年6月10日


↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ