日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

西所沢音楽教室 ピアノコース・バイオリンコース

  • ニューイヤーコンサート♪

    2019ウィーンフィルのニューイヤーコンサートには120回もの共演を重ねたティーレマンが万を持しての登場となりました♪ 彼は出演が決まると過去の演奏会を全て調べ上げて検討を重ねたとの事、 さすが楽団員からの絶大の信頼に価します! その記念すべき最初はニューイヤー始まって以来、初となる曲は当時シュトラウス家とライバルツィーラーの「シェーンフェルト行進曲」です これぞオープニングという壮大な響きでスタート! 続いては修好150年を記念してシュトラウスのワルツ、ウィーンには世田谷公園という名の... 続きを読む

    2019年1月13日

  • ジルベスターコンサート2018♪

    新年おめでとうございます♪ 年末恒例の東急ジルベスターには初の外国人指揮者で伊ヴェローナ出身のバッティストーニ が起用されました♪ 最近日本でよく見かけますが、一目見たら忘れない!容姿と表情は血気盛んなラテン系そのものです‼ その彼にぴったりなヴェルディの凱旋行進曲でのカウントダウンは最終音の長い事!ボーイングは何往復?という感じ‥ 日本人の指揮者の場合は緻密な計画でぴったりとなるか、またはおよその感じの終止で後は余韻でというところが … 強引にも自らの秒読みでジャスト0時に合わせての終止... 続きを読む

    2019年1月6日

  • クリスマスを終えて♪

    華やかなイベントが終わり、ひとときの落ち着きを取り戻しています そんな中 演奏会も少なからず催されています♪ 当教室のピアノコースの大学生も合唱団の伴奏を任されて定期演奏会に参加しました♪ その曲目がまさに現代曲でふよみがかなり難解です、 馴染むまでには一苦労‼ ただ練習が進むうちにその音組織や音響に心地良さを覚えてきました レッスンをしながら神経が研ぎ澄まされてきたように、 曲名「生きる」とはこんな事なのかしら…⁉ 少し取りかかり難い事もやりきると、必ずや得る事があるのですね ... 続きを読む

    2018年12月29日

  • フィギュアスケートの音楽♪

    まさに全日本フィギュア選手権の最中ですが、少し前にフィギュアスケートの音楽を番組で特集していました♪ 毎年ドラマ!がある全日本ですが、今年は周知の紀平選手をはじめ若手の波瀾劇がありそう? 2~4分の音楽劇を演じるわけで演技に伴う音楽も重要視されますね 怪我で休養中の羽生選手や浅田真央さんも使用したショパン:バラードN.1は起伏が激しく演技にはピッタリ!全4曲のうち人気があるのは頷けます 番組では関本氏がおいしい所を上手く編集していましたので、編集部分を全曲演奏時のポイントに展開出来るかな... 続きを読む

    2018年12月22日

  • 期末テスト終了♪

    中高校生たちの2学期末試験が終わりました♪ 新中1年生たちも定期テストにようやく慣れてペースをつかめてきたようです 夏休みが明けると運動会、体育祭、合唱コンクール等の学校行事の合間に定期テストもあり、一気に過ぎてしまったようでも? まだ先の本番演奏当日が明日に控えるように!? 平成最後の12月も半ばに入りました プリント等を整理していると、思わぬ探し物が見つかったり?! 寒さと眠けに負けじと決行しよう *発表会の写真は教室のトピックスから* ♪冬の入会の問い合わせはお気軽に♪ 所沢... 続きを読む

    2018年12月17日

  • 第87回日本音楽コンクール♪

    これまで日本を代表する演奏家を多数、輩出してきた最も権威のある周知のコンクールです♪ 最近は今の時期に色々な部門からのダイジェスト版が放映されます 今年はバイオリンにスポットがあてられました 予選会やリハーサルの様子は通常放映が少ないのですが、今回は結構時間がさかれ様々な角度からより困難さが垣間見られました 全体的に感じた事はどの方も一度演奏し出すと素晴らしいオーラ‼を感じますが、指揮者や先生との会話では演奏のイメージがわいてこない⁉のです 師である神尾氏の質問にも明確な答えが返らず…... 続きを読む

    2018年12月10日

  • 森山良子さん大活躍♪

    色々なジャンルで大活躍の歌手の森山さんを番組で見ました♪ 全く年齢を感じさせないパワーとテクニックには脱帽です! 彼女曰く「まだまだ声のコンディションが広がりチャレンジ出来る」 人前で演じると緊張感のもと日々の地味な努力の積み重ねの賜物です もちろん人間なので身体的に辛い時もあるかと?! しかしステージに上がれば、まさしく今どきのパフォーマンスを繰り広げ、赤いドレスで駆け回る姿は実に魅力的です 彼女のルーツであるジャズでは本領を発揮して、指揮者の原田氏とも一体となり楽しんでおりました♪ ... 続きを読む

    2018年12月2日

  • 保育士の行事終了♪

    新卒で幼稚園勤務の生徒が大きなイベントを初めて任せられ、無事終了しました♪ 以前から課題が出されていたものの小さな曲も数が多く、まして親御様を目の当たりに取り仕切るのはかなりプレッシャーが ありました‼ その幼稚園は時々上司によるピアノのテストもあり、ピアノとは縁が深い関係です 曲も昔から歌いつがれた歴史のあるものが多く、CDに合わせてというわけにはいきません 今どき、生の音楽による伴奏がやはり必要とされるのは我々の仕事にとっても嬉しい事ですね     *発表会の写真は教室のトピッ... 続きを読む

    2018年11月24日

  • ピアノのあるホテルでN.23♪

    久しぶりに伊豆高原の2、3年前にリニューアルオープンしたホテルに伺いました♪ ハロウィンの喧騒とは関係なく、静かな森の中にひっそりと佇んでいます(実際エリアに入たものの、たどり着くのは一苦労でした) しかしながらエントランスを入ると沢山のお花が飾られ、とても華やかな気分になります 以前は会社の福利厚生施設で大変豪華な内装となっていました‼ ロビーにはグランドピアノがゆったりと置かれ、蒼色で有名な東山魁夷を始めとする絵画が飾られています ロビーからは下の空間や庭を見下ろしてライトアッ... 続きを読む

    2018年11月18日

  • 夢を叶える音楽会♪

    「夢響」とも呼ばれるオーケストラと夢をかなえる音楽会は全国からオーディションで選ばれた幅広い世代の10名で構成されました♪ オーディションの様子も放映されましたが、成績順ではなく番組の趣旨による選抜なので運命的といえます‼ (世の中にはよくある必然的⁉な運ですが、引寄せるのも実力かしら?) 児童や学生たちの器楽はやはり幼少期から音大、プロを目指す実力者がそろいました! その中でも小4男子はこの時期だけの貴重なボーイソプラノの歌声を披露しました 続きを読む

    2018年11月11日

  • ピアノのあるホテルでN.22♪

    長野県は飯綱高原の由緒あるホテルに伺いました♪ 高度も高く、山合の見晴台からの眺めはすがすがしく、紅葉が所々で始まり、 修学旅行の高校生をのせたバスが目立ちました! バブルの頃に建てられ、しっかりとした造りです ロビーは大きな窓越しから日が差し込み、広すぎずこじんまりとして落ち着ける空間です 絨毯に合わせて今回はブルー系の衣装を選びました 小物も映える色、柄を探してみました 10月は真夏日があったり冬物を出したりと目まぐるしい気候でした それでも楽器店の方の話では1年で一番楽器が売... 続きを読む

    2018年11月5日

  • 合唱コンクールの伴奏者に選抜♪

    ようやく秋らしい季節となり中学生も合唱コンクールが近づいてきました ♪ 夏休みから伴奏の練習をしていた生徒もいます 中1の生徒は複雑なリズムや和音そしてトレモロ等、新しいテクニックが沢山あり最初は圧倒されていました しかしながら練習を少しずつ進めるにつれ、曲の雰囲気がつかめてきました そうなると持ち前のがんばり屋に火がつき、譜読みが進み出したのです♪! 中1の場合は定期試験、部活動等新しい生活で1学期は目まぐるしい日々です その反動で夏休みは気の抜けた状態になりがちですが、伴奏の譜読... 続きを読む

    2018年10月27日

  • 防音室内覧会に行きました♪

    所沢駅から徒歩10分位の閑静な住宅地に(株)CRAによるリノベーションした防音室付き賃貸物件を完成前(来春3月完成)に見学する機会があり、出かけてきました 続きを読む

    2018年10月19日

  • ピアノのあるホテルでN.21♪

    久しぶりに箱根の玄関口は宮ノ下のホテルにうかがいました♪ 以前は会社の保養所でリニューアルオープンしたそうです(最近は多いタイプです) 急な坂と古い路地の中にひっそりとした佇まいを見せていました ガラス張りの正面からはロビーのグランドピアノの姿がしっかりと見え、とても存在感があります 続きを読む

    2018年10月14日

  • ピアノの歴史♪

    最初のピアノをクリストフォリが1709に発明してから現在まで約310年経ちました♪ 番組では最初にフォルテピアノのためにジュスティーニが作曲した曲からモーツァルト、ハイドンそしてショパンに至る曲が演奏されました モーツァルトまでは現在と白鍵と黒鍵が逆転していてなれるまで戸惑いがありますね 続きを読む

    2018年10月7日

  • 音大の定演に行きました♪

    先週 まだ残暑の中 池袋は芸術劇場で定期演奏会が行われました♪ soloistは震災に遭われた宮城県出身の方です フィギュアの羽生選手も同じ出身地で、やはり心構えに筋が通っているのですね 今回はBeethovenのエグモント序曲と4番のコンチェルトそしてベルリオーズの幻想交響曲 4番のコンチェルトと幻想交響曲のプログラミングの共通性を聴きながら考えました するとひらめきました‼何とviolaの効果的な使用でした! 幻想交響曲はviolaをイメージしやすいですが、4番のコンチェルトは2楽章終わりにその部分が現れた... 続きを読む

    2018年10月1日

  • ドビュッシー没後100年 N.2♪

    2018年はドビュッシーの記念する年ですが(20世紀の巨匠バーンスタインの生誕100年も忘れてはいけません)、作品数からは何と言ってもピアノ曲が上げられます その中でも晩年の「喜びの島」は単一楽章の作品としては最高傑作と言えるのではないでしょうか⁉ 作曲技法では全音音階、教会旋法、平行進行等で機能和声からの逸脱で古代や中世のような響き! 曲名の一部Joyeuseとは中世シャルル1世からナポレオンまで受け継がれた黄金の剣をも表します 曲中ではその存在をまるでベールで包まれたような不思議な響きの中から... 続きを読む

    2018年9月22日

  • ドビュッシー没後100年♪

    没後100年の2018年は演奏会でも数多く取り上げられました! まず音楽史では管弦楽曲の特に「海」(葛飾北斎の浮世絵でも有名)が意義深く、そして自身がpianistでもありピアノ曲が上げられます 自身のドビュッシーとの最初の出会いは「子どもの領分」から小さな羊飼いでした 番組でも触れていましたが大人側から見た子どもの世界なので、少ない音符での表現がつまらなく(失礼!)、真価がわかったのは大人になりconcertで「子どもの領分」を取り上げてからです 同じような事がシューマンの「子どもの情景」にも当てはま... 続きを読む

    2018年9月15日

  • 秋シーズン始まりました♪

    いよいよ恐い台風が多い季節となりました!♪ 最近は自然災害の規模が大きく、驚きと恐さを感じます 人間が知恵を駆使して創る物は偉大ですが、自然の猛威にはひとたまりなく飲み込まれてしまう脅威! もちろん外での仕事の移動やレッスンも被害を被る事もありますが、きもち早めの用意や予定のシュミレーション対応で何とか乗りきっています… それでも伴奏者等何人か呼んでいる時は心配になりますので、天気予報が欠かせません(最近は当たる確率が高いですね) 台風や雪や遠距離でも予定の全員がそろうと、感激です!... 続きを読む

    2018年9月8日

  • いよいよ9月に突入♪

    夏休みも大学生以外は終わり2学期が始まります! 個人的には9/1は開館以来、欠かさず近くのホールの抽選会に参加していましたが、今回はホールリニューアルのため抽選会は無しとなりました… 昨年からわかっていたものの、いざその時が来てしまうと何とも言えない空虚感を感じています 抽選会の1週間前からは希望日の検討を考えられる限り重ね、当日はホールの係員がビンゴを回す度に緊張し、番号が呼ばれるまで神頼みをしていました! まるでドラマのようですが、長い間には寝坊して遅刻したり、自転車で転び負傷しな... 続きを読む

    2018年9月2日


↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ