日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

魔法の言葉は? What's the magic word?

皆さん、こんにちは!
レッスンに来た時、もし部屋のドアに「ピアノパスワードを入力して下さい。」と書いてあったらどうしますか?パスワードを忘れてしまったら中に入れません。
でも大丈夫!「スタッカート」「レガート」「アンダンテ」「ドルチェ」「リタルダンド」など、今までに習った音楽用語が、貴方のパスワードだからです。
小さい生徒さんや初心者の方は、先生が与えたリズムを正確にノックし返すなど、リズムパスワードを使うことも出来ます。
又、下記のようなリズムをノックすることで、作曲家の名前をパスワードにすることも出来ます。 
「ターアー・ターアー・タン・タン」(ベートーヴェン)
「ターアー・タン・タン」(シューマン)
「タン・ウン・タン」(バッハ)
「ターアー・タン・タン・タン」(モーツァルト) など。
パスワードがないとピアノが開かないとか、真っ暗な部屋に閉じ込められてしまうといったことが起きるかも知れません!ドキドキしますよね?!

ピアノに興味のある方や、体験レッスンを受けてみたい方は、下記URLよりお気軽にお問い合わせ下さい。
https://wisteria-piano.com/index.html

ウィステリア・ピアノクラスでは、英語でのレッスンも行っています。
            Title : What's the magic word?
Imagine you saw the notice “Strictly no entry to my studio without the Special Secret Piano Password.” on the door of your lesson room. You may panic, but there's no need to worry because the passwords could be in musical terms you have already learnt. It’s just a matter of the right knock.
For younger students and beginners rhythmical pass words could be set. For example, they may have to knock back the exact same rhythm on the front of the door after their teacher has demonstrated it on the other side.
A variation of this could be the names of composers can be used as the examples of the rhythms below.
Da Da Da Da-h   (Beethoven)
Da-ah Da Da   (Shumann)
Da Rest Da     (Bach)
Da-ah Da Da Da (Mozart) etc.
Another twist could be that you can't lock or unlock the piano, turn the light on/off, or even get out of the room without the super-secret password! The idea that students can make music by their knuckles gets them thinking aloud. A symphony of knocks and hums.
This system might turn out to be quite thrilling, mightn't it?! Da Rest Da!!


↓お問い合わせは、こちらからどうぞ!↓

↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ

↑体験レッスンお申し込みも、こちらからどうぞ!↑

このブログへのコメント