日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

さあ、幸せホルモン、セロトニンを出してみましょう!

きょうこピアノ音楽教室 佐藤恭子です。

ご覧いただきましてありがとうございます。

この記事は、大人の方、シニアの方向けに書いています。


“Changes of the neurotransmitter serotonin but not of hormones during short time music perception” Evers 2000

によると
20人の人達に2種類の音楽を聞いてもらう。
A. 心地良い曲:ブラームス「交響曲第3番、第3楽章」
B. 不快な曲:ペンデレツキ「広島の犠牲者に捧げる哀歌」
ブラームスの方がセロトニンの増加を計測した。

どちらの曲も聴いてみました。


一目瞭然?
一耳瞭然でした!

皆さんも、ブラームスの交響曲第3番第3楽章を
ぜひお聴きになってみてください。

セロトニン出しましょう!

ぜひ、当教室で
心地いい曲を探すお手伝いさせてくださいね。


↓お問い合わせは、こちらからどうぞ!↓

↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ

↑体験レッスンお申し込みも、こちらからどうぞ!↑

このブログへのコメント