日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

江崎皓介ピアノ教室「ムジカルネ」

一生ピアノを楽しんで弾くには技術が必要です(今が楽しくても後々行き詰まっては意味がありません)。
しかしトレーニングを積まなくても弾き方を間違わなければ楽々ピアノを弾けるようになります。

当教室では各生徒さんのレヴェルによって指導方法を変えているのが特徴です。

譜読みが苦手な方や初心者には、音の出し方の仕組みや楽譜の見方を教えたり初見力を鍛え

譜読みが速い方や古い奏法が体に染みついている方には、ツェルニーレシェティツキ系の奏法(手で支える一般的な脱力)を基に体で感じる生きた拍感とフレーズの捉え方を

更に上級の方には、ロシアンピアニズムネイガウス系の奏法(支えを必要とせず重力を下に逃す脱力)を軸に、指で繋がずフレーズの流れだけで繋ぐレガート奏法や音の響かせ方、高度なペダリング技術などを指導します。

「ピアノを何としても上手になりたい」という方ならレベルは問いません。
弾けない原因を説明し、スローモーションで弾きながらわかりやすくアドバイスします。
共に頑張りましょう!

教室は阪急・大阪モノレール蛍池駅、大阪空港駅から共に徒歩8分にあります。
また定期的に月数回大阪府茨木市、兵庫県明石市、京都府福知山市、富山県富山市にも出張レッスンに出向いています。
出張レッスンご希望の方は交通費を頂ければ全国どこにでも向かいますのでお気軽にお申し付けください!

またレッスン見学も可能です(教室を探している方のみ)。
お気軽に問い合わせください。

【生徒さん、保護者様からの声】
◇弾けない事についてもっと練習しなさいと言わない。どうしたら弾けるのかわかりやすく教えてくださいます。子供の手が小さな問題など色んな事を生徒のせいにせず引き受けて工夫する姿勢は、私も親として見習いたい所です。
◇一方的な指示でなく対等に近い姿勢で生徒の考えや気持ちを尊重して下さいます。何かを指導する時にこういう関係性をキープするのは難しいですが自尊心を育むと思います。
◇わかりやすい説明で手本を弾いて下さり実践しやすい弾き方で指導して下さるので自分の音が変わるのがわかります。
◇質問しやすい雰囲気があるので出来ない事をわかってもらえて、しかもすぐ解決して下さるので嬉しいです。
◇先生の教室は明るい空気で楽しくて他の生徒さんと会えるのが楽しみです。
◇どうしたらよくなるのかを子供が理解できるようにわかりやすく説明して下さるので上達も早く、子供のモチベーションが上がっているのがわかります。
◇譜読みが速くなったので子供が毎日機嫌よく楽しそうに弾くようになりました。
◇趣味の大人の生徒でも、少しでもクオリティの高い音楽を作ろうとして下さるので、レッスンが楽しくやる気を引き出して下さります。


講師プロフィール

奈良県立高円高校音楽科を卒業後、すぐ進学をせず8年間別の仕事をしながら独学でピアノを続ける。
その後2011年9月にポーランド国立ワルシャワショパン音楽大学に入学。
イエジー=ロマニウク教授にショパン・リストを源流とするロシアネイガウス系統のピア二ズム、ラミーロ=サンヒナス助手にチェルニーを源流とするポーランドレシェティツキ系統という2つの異なったピア二ズムを学ぶ。
2014年12月帰国。
演奏活動の傍ら、埋もれた才能を見つける為後進の指導にも力を注ぐ。

在学中、「未来のショパンコンクールに出場するピアニスト達のコンサート」をはじめとして数多くの音楽祭やコンサートにゲストとして招聘され各地で喝采を浴びる。
異なる2つのピアニズムを使って自在に変化する音色や作曲家が変わると別人が弾いてるようになる斬新な解釈で「哲学を連想させる美しい響き」「違う作曲家でも聴きたくなる」と好評価を受けている。
最近ではピアノ教室の先生達向けのレッスンの為、近畿以外の地域に出向く事も多い。
レパートリーは非常に幅広く、譜読みの速さを生かし帰国後も増やしている。
2018年より日本クラシック音楽コンクールなど審査員も努める。
一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(PTNA)演奏会員。

第14回スクリャービン国際ピアノコンクール(パリ)第1位、第15回エウテルペ国際音楽コンクール第1位、第19回ブレスト国際コンクール第2位をはじめとして国内外で受賞歴多数。


↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ

江崎皓介ピアノ教室「ムジカルネ」 の発表会情報

開催日 タイトル エリア
2018年5月27日

江崎皓介ピアノ教室「ムジカルネ」 5月弾き合い会

大阪