日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

何歳から始めたらいいですか?

新学期が始まりました。
生徒の中には、一学年1クラスしかない小学校もあれば、一学年6クラスもある小学校の子もいて、いろいろだな~と改めて思わされました。
よく保護者の方から、「下の子が年少(あるいは年中)なんですが、ピアノ習わせてもいい年齢ですかね?」と、聞かれます。その場合、いつも「年長さんになってからでいいですよ~」と答えています。
本当は個人差があるので、年少さんからでも始められる子もいれば、もうちょっと待って、一年生になってからでも十分な子も・・・・、それは本当に千差万別です。

もしピアニストにしたいとか、有名な音大に入れたい!となれば、早く習った方がいいです。しかし、ただ習うだけでは早く始めても意味がないんです( ;∀;)
結局は日々の練習と環境です。
ピアニストになっている方の多くは、「生まれた頃からラフマニノフが家で流れていた」だとか、「両親が楽器を弾いていた」など、音楽に囲まれた環境だったと言う方が多いです。
あの有名なランラン(ピアニスト)は、「僕は4才の時にホロビッツのトロイメライ(シューマン作曲)を聴いて涙した」と言っています。まず、4才でトロイメライの良さが解るなんて、もう幼児の段階で、すでに天才だったんだ!と感心してしまいます。

そういう訳で、一般的に、お子さんが、普通に趣味でピアノが弾けるようになって欲しいと思われる程度であるならば、ドはド、レはレと理解できる能力になってからでいい気がします。
目安としては、まず「うちの子はピアノの前に15分以上座っていられるかな?」とか、
「先生の話をちゃんと聞ける状態かな?」など、そこをポイントにして始められるといいのではないかな?と思います。

ただ学年が上がるにつれて、どんどん勉強・部活で忙しくなっていくので、小学1年生の夏までには、習い始める方がいいかな~と思います。
感覚で音を捉えられるのが、8歳までと言われていますので。
あッそれから、お母様のやる気と強さも大事です!
毎日練習しないで、レッスンにだけ通っている子も存在しますが、それでは、100%上達はありえません。お月謝を払っているのに、もったいないな~と思うのですが、週1で通うだけでもいいわ~と、思っていらっしゃるのかな?と、正直なところ分かりませんが、「練習しなさい!」と、子供に言うと、わんわん泣かれたり、殴り合いの喧嘩になったりで、戸惑うお母様も多く、だから「何も言わないで放っておいているんです」と、おっしゃる方もみえます。
ピアノの練習において、母と子の喧嘩は付き物で、お母様の方が心が折れてしまうご家庭もしばしば見受けられますが・・・・、どうか負けないで頑張ってもらいたいな~と、思います(^^♪



↓お問い合わせは、こちらからどうぞ!↓

↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ

↑体験レッスンお申し込みも、こちらからどうぞ!↑

このブログへのコメント