日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

@ piano room

  • 体の使い方「なめらかに弾く」

    今日はテクニックのお話です。 ピアノでいろんな曲を弾いていて、このきれいなメロディーを歌うように「なめらかに」弾きたいなあ〜、という時はよくありますよね。 ピアノという楽器のしくみとしては一音、一音が別の鍵盤を弾いて別の弦を打って鳴らすのでなめらかにつながっているように聴かせるのはなかなか難しいです。 なめらかに弾くためにはいくつかのコツがありますが、一つ分かりやすくて取り入れやすい方法を説明します。レッスンでもみなさんによくお話していることです。 なめらかに弾きたいけどなんとなく「... 続きを読む

    2017年6月21日

  • 「どれみふぁそカード」

    幼稚園年中さんのAちゃんが先週初めてのレッスンに来ました! Aちゃんは一年生のMちゃんの妹ちゃんで、ピアノを弾くおねえちゃんを見て自分もピアノをやりたくて、待ちに待った初レッスンでした。 教室に入ると元気な声で、 「よろちくおねがいしまーしゅ!!」 とご挨拶できました! かっっっっっっ・・・・・・ かわいいいい〜〜!!!! バタンっ!!(←かわいさにノックアウトされて倒れた音) 初めてのレッスンでどんなことをやるかと言うと内容はその年齢によって違ってくるのですが、Aちゃんのような... 続きを読む

    2017年6月14日

  • いつでも、だれでも♪

    小学6年生のKちゃんは丁度1年前くらいにピアノを始めました。そのKちゃんが先日、 「学校の委員会で歌を歌って録音するんだけど、その伴奏をやることになって・・・」 と楽譜を持って来ました。 曲自体は簡単で、Kちゃんに伴奏の弾き方を教えるとすぐにできるようになりましたが、まだピアノを始めて1年のKちゃんが学校で伴奏をすることになるなんてすごいなあ〜と思って、 「すごいじゃんKちゃん、伴奏デビューだね!!」 と言ったらうれしそうにニコニコしていました♪ Kちゃんは3月の発表会ではもっと難しくて... 続きを読む

    2017年5月25日

  • 「ピアノのムシ」その2:巻き線職人

    先日の記事で「ピアノのムシ」という調律師さんのマンガのことを書きましたが、その後コミックスを全部買って読みました☆ この間の記事では、そんなに専門的というわけではないけどと書いたけど、いやいやかなり専門的な話がいろいろ出て来ておもしろかったです。 例えば「巻き線職人」の話とか! ピアノの弦って、低い方の音の弦は芯になっている線の周りにコイルみたいにもう一本の巻き弦をくりくりくりくり〜って巻いてあるのです。 そのくりくりくりくり〜って巻く職人さんがいるのですよね。そんなマニアックな内容がマン... 続きを読む

    2017年5月10日

  • 「ピアノのムシ」

    「ピアノのムシ」という調律師の漫画があることは知っていて読んでみたいなーと思っていたのですが、大人の生徒さんから「LINEマンガのアプリで今一部無料で読めるんです」と教えてもらったので読んでみました。 そしたらおもしろかったです♪コミックスでは今9巻まで出てるのかな? おもしろかったので全部読みたくなって早速コミックスを全巻注文してしまいました☆ まだ一部しか読んでないのですが、設定やストーリーや主人公のキャラクターなどなどマンガとしてもおもしろいし、ピアノに関係のある人ならピアノという楽器の... 続きを読む

    2017年5月5日

  • 先生も感動したの巻

    この春大学生になったばかりのMちゃんは、この間レッスンに来たらずいぶんくたびれてるようだったのでどうしたのかなーと思っていたら、 「イベントに行ってきたぁー☆」 と言うので、 「え?なんの??」 と聞いたら、とある2人組の音楽ユニットのライブイベントに電車を3本乗って千葉市まで行って来たそう。Mちゃんはその人達の曲で好きな曲が一曲あって、Mちゃんのお友達はそのグループの熱烈なファンで、そのお友達とイベントに行って来たんだって。 それでそのイベントが楽しかったらしくて、そんな話を聞いていた... 続きを読む

    2017年4月27日

  • アレクセイ・ゴルラッチ ピアノリサイタル

    本日、つくばのノバホールにアレクセイ・ゴルラッチのピアノリサイタルに行ってまいりました!! プログラムはこちら↓ 幻想ポロネーズ 変イ長調 Op.61 マズルカ Op.67  第42番 ト長調、第43番 ト短調、第44番 ハ長調、第45番 イ短調 マズルカ Op.68  第46番 ハ長調、第47番 イ短調、第48番 ヘ長調、第49番 ヘ短調 舟歌 嬰ヘ長調 Op.60 ピアノソナタ第2番 変ロ短調 Op.35 “葬送” 子守唄 変ニ長調 Op.57 スケルツォ第2番 変ロ短調 Op.31 ... 続きを読む

    2017年4月23日

  • 表現のテクニック:「いい音で鳴らす」

    私はレッスンで「いい音」という言葉をよく使います♪ 「このキレイなメロディーをもっと『いい音』で弾こうよ!」 「5の指の音がかすれ気味だから『いい音』になるように重心を5に乗せよう」 「ここはフォルテだけどただ『強い』んじゃなくて豊かな『いい音』にしよう」 ピアノは管楽器や弦楽器と違って鍵盤を押せばとりあえず音は鳴らせますが、やはり「いい音」と「そうでない音」とは大きな違いがあります。 「同じピアノなのに先生が弾くと音が違いますね!」と言われたりしますが、やはりコツがあります。 大人... 続きを読む

    2017年4月19日

  • 発表会その後

    すっかり春ですねえ。土浦でもだいぶ桜が咲いてきましたね。 発表会が終わってからみんなホッと一息ついてる感じでしたが、 「発表会が終わって次の日から新しい曲練習したよ!」 と報告してくれた子や、 「今度この曲やってみたいです♪」 と相談してくれた大人の方、はたまた 「先生、次の発表会に弾きたい曲があるんですけど・・・」 とすでに次の目標を考えている人などなど、発表会での達成感と刺激を胸に、次のステップへ進めるワクワク感を感じている人も多いようです♪新鮮ですね〜♪ 子供たちは発表会... 続きを読む

    2017年4月7日

  • 発表会 2017

    遅くなりましたがカクテイシンコクも無事提出してまいりました! そう、そんなわけで12日の日曜日に発表会は無事に終わりました♪ 大人も子供も一緒の発表会です。今回は風邪やインフルエンザで出られなくなる人もなく、私もなんとか風邪を引かずに発表会を迎えられてよかったです。 私達の発表会はいつも生徒のみなさんそれぞれ自分で曲を選んでもらうのですが、今回はいつも以上に最初から「この曲が弾きたい!」と選んで来た子たちが多くて、いつも以上に自由な選曲になりましたねえ。 クラシックももちろんいるし、それ以外... 続きを読む

    2017年3月23日

  • 初詣、おみくじ雑感

    年が明けてあっという間にもう5日。 特に親戚が集まるとかも無いのでお正月感の薄いお正月でしたが、ちょっとぐらいお正月っぽいことをしたくて3日に鹿島神宮に初詣に行きました。 3日でも結構な賑わいでしたねえ。広い敷地の大きな樹々の中を歩くだけでも心が浄化されるようでした♪ おみくじも引きましたよ! 「吉」が出たのでよかった☆ そこには「人を信じていれば一生楽しくいられるよ」みたいなことが書いてありました。 おみくじじゃないけど、ほかの占いでも「楽しい!幸せ!」という言葉がラッキーワードって書いて... 続きを読む

    2017年1月6日

  • 先生うなるの巻:「月の光」

    大人のお姉さんのYちゃんは今ドビュッシーの「月の光」を弾いています。 ドビュッシーのピアノ曲の中でも特に人気が高く有名なこの曲。この間Yちゃんとのレッスンで先生は川平慈英さん並に「クゥーッ!!」と興奮しながら熱く語ってしまいました。 「クゥーッ!!この透明感!!美しいよね〜!!でもさ、美しいだけじゃなくてこう、せつないじゃない?これってさ、もちろん月の光の透明な美しさだろうけどさ、でもこのせつない美しさって、 『恋』だと思うの。」 「恋、ですか!」 「うん、だってせつないじゃない? ... 続きを読む

    2016年12月15日

  • ペダルで色気 ♪

    中島みゆきの「糸」という曲を弾いているNちゃんという大人のお姉さん。 この曲はオリジナルもとても人気のある曲ですが、ピアノソロで弾くとまた透明感や切なさがあってステキです♪ 譜読みもできて曲想もずいぶん表現できてきたところですが、「冒頭の和音のところが自分で弾くとなんだかのっぺりしちゃうんです」とのことでした。 三つの和音でできたフレーズが4つ続きます。 たったの三つの和音ということで、音が少ない分表現が返って難しいとも言えますね。 でも三つだけの和音だけど右手は4度重ねの平行になって... 続きを読む

    2016年12月2日

  • 究極のところ

    うちの教室の発表会ではクラシックをバリバリ弾く人もいれば、映画音楽やゲーム音楽、ポップスなどほかのジャンルの曲を弾く人もいろいろいます。 先日大人の生徒のTくんというお兄さんに、 「クラシックを教えるのと他のジャンルの曲を教えるのとでは違いってあるんですか?」 と聞かれて、 「うーんそうだね、クラシックの方がやることは複雑にはなるんだけど、究極のところで言うと同じかなあ」 「そうなんですか」 「うん、どのジャンルでも最終的には『グッとくる演奏』になるように指導する」 「『グッとくる』... 続きを読む

    2016年11月24日

  • 発表会選曲と時代の変化

    私の教室では毎年3月に発表会を行っています。うちの教室だけでやり初めたのがたしか2005年だったと思うので来年の3月が13回目かな?それ以前は他の先生と合同でやっていました。 というわけで、来年3月の発表会に向けて大きい子から曲を決めてきてあとは小さい子たちの曲を選んで行くところです。 大人の方は早いうちから「今度の発表会はこの曲が弾きたいです」とご自分で考えて選んできてくれる事が多いです。 子供の生徒は私がいろんなタイプの曲をピックアップして弾いて聴かせて、その中から「ビビッ!!」と来たもの... 続きを読む

    2016年11月18日

  • Let's try it !!

    今週のレッスンで主婦のMさんが、 「先生たとえば」 と話を切り出しました。 「たとえば?」 「たとえば、自分よりレベルの高い難しい曲をやりたいって言ったら・・・どうしますか?」 「えっ。やるよ?レベルが高くても難しくても、本人が『やりたい』って言ったらレッスンするよ♪ 」 「そっかあー、いや実は・・・」 と話を聞いたところ、Mさんのお知り合いの方がピアノのレッスンで「幻想即興曲」をやりたいと言ったら先生に「それは音大に行くような人が弾く曲です!」って却下されちゃったんだそう。 「あらら... 続きを読む

    2016年11月3日

  • コイ!?

    今年春にピアノを始めた4歳のMちゃんは、どんどん音符も読めるようになり毎週楽しく元気にレッスンしています♪ レッスンの時にだいたいいつも途中で、 「じゃあこれからひとりうたをやりまあ〜す♪」 と言って即興演奏を始めます。 両手でピアノの鍵盤をデタラメに、でもまるで大ピアニストのように大きな仕草で、そしてノリノリで気持ち良さそうに弾きます。「ひとりうた」と言う割には歌は付いてないです。ピアノソロです。 そんなに長い時間じゃないですがひとしきり弾くと満足して自ら、 「じゃあタンタン(リズム... 続きを読む

    2016年10月26日

  • 伴奏大好き!!

    秋。秋と言えば学校の音楽会ですね。 中学校ではクラスごとに合唱をして音楽会での賞獲得を目指してがんばるわけですね。 小学校では学年ごとに合唱するのが多いですよね。 今年も生徒で合唱の伴奏をやっている子がいます。今年は特に多いなあ。最初から伴奏お願いされてやっている子もいるしオーディション受けた子もいます。 一番小さい子では小学3年生の女の子で、その子は普段ピアノの椅子に座って足がまだ着かなくて足台を置いているくらいまだ体が小さいのでさすがにどうかなあ〜(汗)と心配しましたが無事オーディショ... 続きを読む

    2016年10月20日

  • 「焼き鳥でも食べに行こうかの会」

    えーこの間の土曜日に大人の生徒のみなさんと「焼き鳥でも食べに行こうかの会」を開催致しましたー! まああのあれです、先生が「焼き鳥食べたいなー」と思ってみなさんに声かけさせていただきまして、ご都合の合う方達が来てくれて居酒屋さんに行ってきました☆ ちょっと急だったので来られなかった人もいましたが、今回は私入れて7人で土浦駅前の居酒屋さん「さん吉」に行きました♪ ここは私は何回か来たことがあって、席が個室になってて落ち着くし、何より焼き鳥やお料理がおいしい〜!!    →「さん吉」 私は毎週生... 続きを読む

    2016年10月12日

  • 音楽の命

    大人のお兄さんのTくんはピアノをドレミのドから始めて、今月で一年になります。 この一年でどんどん楽譜も読めるようになり、知っている曲もいろいろ弾けるようになってきました! 今やっている曲は現代の日本人作曲家の曲で、シンプルだけど透明感と浮遊感のあるおしゃれできれいなピアノ曲です。アンビエント系というのかな。 今日のレッスンで、練習している次の部分を「ちょっと弾いてみるね」と言って私が弾いてみました。するとTくんが、 「先生が弾くと音楽が生き物みたいになりますね!」 と言いました。 「... 続きを読む

    2016年10月6日

この教室へお問い合わせ

お問い合わせは無料で行えます