日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

西津ピアノ教室

  • 今後の録音

    ドイツに、私が信頼している友人が持っている録音スタジオがあります。 そこで来年の春、本格的に録音してみようか、と思い始めました。 本格的、といっても何曲収録できるかわかりませんが。 焦って一度にCD一枚分の曲数を録らなくても良いと思うのです。 一つ一つ、満足のいくように録音できれば…と。 友人はCDかDVDを作ろう、と言ってくれますが、CDを作る必要があるのかな、とも思います。 今はCDを買うより一曲ずつダウンロードして聴く時代では? 続きを読む

    2017年6月28日

  • セヴラック

    以前私が頻繁にコンサートをさせて頂いていた杉並区荻窪の「かん芸館」というホールで、一度、南フランスの作曲家デオダ・ド・セヴラックの作品を集めたコンサートを聴いたことがあります。 その時の音楽が印象的で、それからセヴラックのピアノ曲の楽譜やCDを揃え始めました。 そして4巻から成るセヴラックピアノ作品集(音友社)とCD3枚を手に入れたものの、そのまま時が経ってしまい… 初めに楽譜をサッと見た時、何となく難しそうだと思ってしまったのだと思います。 最近ふとセヴラックの楽譜を見直し、急にこれはすごい曲... 続きを読む

    2017年6月26日

  • 邦人作品録音

    昨日はコンサートの本番前、リハーサルの時間を利用して新曲の録音をしました。 佐野芳光氏の「空へ〜4つの変容」 無調に近い音楽で、覚えるのが難しかったです。 4曲あるものを、それぞれ2回ずつ演奏・録音し、それを今日編集してCDを作りました。 ちなみに私が使っている音楽編集ソフトはAudacity, CD制作用のはB'z recorder です。 使いやすくなかなか便利ですよ。 最後にCDの表にタイトルとイメージ画像をプリントして出来上がり! 作曲家ご本人にもコピーしてお渡しします♪ 続きを読む

    2017年6月25日

  • ミュージック・ガーデン

    昨日は月一回の定期サロン・コンサート、ミュージック・ガーデンを行いました。 遠方からも、毎月のこのコンサートを楽しみにお出で下さるお客様方がいて、感謝しています。 プログラムはジョン・アイランド、アロイーゼ・ヴェッキアート、ショパン、等々… ショパンのバルカローレ(舟歌)Op.60 を最後に演奏、やはりこの曲が一番皆様の印象に残った様でした。 コンサートの後は隣接のカフェで茶話会を開き、残って下さった10人ほどのお客様とお話しました。 今月も無事にコンサートを終えてホッとしています。 皆さま本当... 続きを読む

    2017年6月24日

  • コーラスの練習

    私が伴奏を務めている「雨情合唱団」というグループの練習に行ってきました。 その名の通り野口雨情の詩による歌を研究、歌うコーラスグループです。 おなじみの赤とんぼ、十五夜お月さん、シャボン玉…など、野口雨情の詩は日本人の心に深く根付いています。 7月8日(土) セシオン杉並にて行われるサマーコンサートの本番に向けて、練習中です‼︎ 続きを読む

    2017年6月23日

  • 本日のレッスン

    今日のレッスンの生徒さんは60代の女性です。 この方は小さい頃にピアノを弾いていた、というのではなく、完全に大人になってからピアノを習い始めた方です。 曲はモーツァルトのピアノ協奏曲、第21番第2楽章。 ピアノ独奏用に編曲したものを練習されています。 連符の組み合わせがなかな難しいのですが、根気よく練習を続けてだいぶ上達されました。 初めはとても弾けないように思えても、毎日の練習の積み重ねで確実に進歩するものです。 続けるというのは本当に大事なことですね。 続きを読む

    2017年6月21日

  • こけしげる

    苔茂る、仲夏、苔青し… 夏の庭の木陰に群生する美しい苔を思わせるような曲、カトウマユミさんの「Powdered Green Carpet」をご紹介します。 苔寺などの情景を思い浮かべながら演奏しています。 これも次回コンサートプログラムの一つ。 続きを読む

    2017年6月20日

  • 作曲家新曲

    作曲家、佐野芳光氏の新曲、「空へ〜4つの変容」のリハーサルがありました。 この作品は私の毎月の定期コンサート「ミュージック・ガーデン」のために、佐野氏が書き下ろしてくれたものです。 今月24日のコンサートで初演します。 4つの作品はそれぞれ「空へ」→「ソ、ラ、へ」を主題として成り立っています。 (ソ、ラはイタリア音名、へは日本音名) こうした技法はシューマンがよく用いていました。 伯爵令嬢アベッグのA-B-E-G-G(ドイツ音名) の音形を主題とした「アベッグ変奏曲」や、かつての恋心を寄せた女性、エルネ... 続きを読む

    2017年6月19日

  • お弁当

    今日はお弁当を持ってハイキング…ではなく仕事に出かけます。 昨日、友人に生昆布を頂いたので、それを厚揚げと一緒に煮てみました。 厚みのあるしっかりした生昆布ですが、煮るととても柔らかくなるのですね! 若い頃はあまり気にしなかったのですが、もう50代なので、健康のために食事には注意しています。 タンパク質や野菜を多く摂って、脂質糖質は控えめに… 特に、太ってコンサート用のドレスがキツくなるのを恐れています(>  続きを読む

    2017年6月18日

  • 今日のレッスン

    生徒さんは40代女性。小学校半ばくらいまでピアノをやっていたという方です。 大人になってピアノのレッスンを再開されました。 お子様方も独立、時間の余裕ができたので歌やピアノを習われたりコーラスに参加したりして楽しんでいらっしゃるようです♪ クラシックの名曲〜ショパン、モーツァルト、ベートーヴェン、等々〜からお好きな曲を一つずつ選び、練習しています。 続きを読む

    2017年6月17日

  • 動画〜ショパン・ノクターン第19番

    梅雨の合間、夏らしい暑い日になりましたね! 今日は午後からレッスンの生徒さんがみえるので、午前中に自分の練習をしました。 初めに練習したショパンのノクターン第19番をご紹介します。 この曲はショパンの生前には発表されず、死後に友人のフォンタナにより出版されました。 そのため、遺作の名が付けられています。 ショパン17歳の作品ですが、青春の最中に書いたというのが不思議なくらい、哀愁を帯びていて、人生を達観しているように感じられます。 動画の挿入写真はポーランド、グダンスクで撮ったものです。 続きを読む

    2017年6月16日

  • 庭の花

    庭の花々が美しい季節ですね‼︎ アジサイ、クチナシ、バラ、ラベンダー、ニチニチソウ… 私の定期コンサート「ミュージック・ガーデン」も、素敵な庭を想像させるようなコンサートに、との思いから名付けました。 花の名前や自然を思わせるタイトルの作品が多いです。 例えば今月なら「夏の夕べ」や「Powdered Green Carpet」「舟歌」など。 会場もエントランスや室内に季節の花があふれる、癒される空間です♪ 音楽を聴いて自然の中をお散歩している気分を味わって頂きたいと思います^ ^ 続きを読む

    2017年6月15日

  • 動画〜ショパン・ノクターン第5番

    24日のサロン・コンサートで演奏する中の一曲です。 ショパンは、お客様のリクエストが多いので、毎回2〜3曲はプログラムに入れています。今月はノクターン第5番、ノクターン ホ短調遺作、そしてバルカローレ(舟歌)を演奏します。 続きを読む

    2017年6月14日

  • コンサートプログラム

    今月24日のサロン・コンサートのプログラムをつくりました。 毎月第4土曜日に行っているミュージック・ガーデンという1時間ほどのコンサートです。 いつも自分でパソコンでチラシやプログラムを作ります。 今月の曲目は… ⚫︎ジョン・アイランド:夏の夕べ ⚫︎佐野芳光:空へ〜4つの変容 ⚫︎カトウマユミ:Powdered Green Carpet、 Heaven ⚫︎ヴェッキアート:高雅なワルツ、夜のヴェローナ、バガテル ⚫︎ショパン:ノクターン第5番、ノクターンホ短調遺作、舟歌 カトウマユミさんの曲はYouTubeの私のチャンネル、他でたくさ... 続きを読む

    2017年6月13日

  • 動画~Rainy Day

    YouTube で活躍する作曲家、カトウマユミさんの曲です。 梅雨の季節ですが、この曲を聴くとうっとおしい気分が一転、雨の日がロマンチックに感じられます♪ 動画に挿入している画像は、自宅の庭の写真やフリー画像をダウンロードしたものです^ ^ 杉並区荻窪のホール「かん芸館」で演奏。 続きを読む

    2017年6月12日

  • Summer Evening

    ジョン・アイランドというイギリスの作曲家の「夏の夕べ」という曲を練習しています。 アイランドは少年期に相次いで両親を亡くしたこともあってでしょうか、極めて内向的な性格の人で、また社交的な集まりも苦手だったそうです。 その音楽からは、彼の人柄を想わせるような奥深い美しさ、繊細さが感じられます。 「夏の夕べ」は今月のライブコンサート(6/24)で演奏しますが、アイランドのその他の作品も引き続き演奏していきたいと思います^ ^ 続きを読む

    2017年6月11日

  • 調律

    今日は調律師さんに来てもらい、レッスン室のピアノ (ヤマハ C7) の調律をしてもらいました。 昨年8月が最後の調律なので、もうすぐ1年が経ちます。 実はこのピアノ、随分長い間使っているます。 私が大学受験の前に大きめのグランドピアノに、ということで買い替えた時のものですから…(^ ^;) 調律師さんとのお付き合いも20年以上になります。 消耗部品であるハンマーのフェルト部分を削るなど、少しずつ調整を加えてもらいながら使ってきました。が、そろそろ限界が… フェルトが薄くなるとハンマーも軽くねり、音色も深みが... 続きを読む

    2017年6月10日

  • 今日のレッスン

    今日の生徒さんは40代後半の主婦の方。 先月は単身赴任のご主人の元へ2週間ほど行っておられたので、久しぶりのレッスンです。 このようにご自身の都合で休まれる場合も、レッスン料はレッスンの回数分のみ頂いています。 (月謝制ではなく一回¥2,000としての料金です) さて、指導している曲はシューマンの幻想小曲集より「飛翔」 結構難しいですね (f^ ^;) 子供のころ少しピアノをやっただけの方ですので、ゆっくり焦らずに練習するようアドバイスしています。 続きを読む

    2017年6月9日

  • 動画~シャミナード・スペイン風セレナーデ

    フランスの女性作曲家、セシル・シャミナードの作品です。シャミナードは優雅で活気溢れたピアノ作品をたくさん書きました。ドイツのリュテンという街の、友人宅での演奏です♪ 続きを読む

    2017年6月8日

  • 講師コンサート記録

    講師は毎月一回荻窪でライブコンサート、Music Garden を開催しています。 2017年5月27日 杉並区荻窪「かふぇ&ほーるwith遊」にて Chopin : Waltz No.7,No.9,No,10, Scherzo No.3 Mayumi Kato : Beni Chaminde : Sérénade Espagnole, etc. http://moon.ap.teacup.com/applet/keinishizu/msgcate6/archive 続きを読む

    2017年6月8日

この教室へお問い合わせ

お問い合わせは無料で行えます