日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

レッスンレポート〜人生の後半に大きな夢を掲げた生徒さんのお話〜

このブログは2020年9月10日のレッスンレポートを元に作成しています。




こんにちは。

今朝目覚めると、ベッドから落ちてフローリングに肌という肌をくっつけて寝ていたモロエです。
#猛暑の猫

さて。

僕は幸せなことに、現在40〜50人の生徒さんと一緒にレッスンをしています。

みなさんがピアノを始めた動機は本当にいろいろで、すごく共感出来るものから、頭になかった驚きの理由もありました。

そんな今日のレッスンレポートは、「幼稚園の先生になりたくて、ピアノを習っている生徒さん」のお話。

【誰だってゼロスタート】

ピアノの先生をやっていて、体験レッスンでよく聞かれる質問トップ5に入るくらいよく聞かれるのが

「初心者なんですけど、大丈夫ですか?」というもの。

そもそもピアノなんて普通に生活してたら触ることはほとんどないし、触らずに一生を終える方もいるはずです。

言ってみれば、初心者で当然なんですね。

で、どんな人でも音楽を楽しめる環境づくりをするのが僕の仕事ですから、当然「全然だいじょうぶ!」「楽しんだもん勝ちですよ(*^^*)」と伝えています

#そもそも初心者お断りの教室あるのかな
#あるとしたらやべーな
#その教室の先生だって最初は初心者



上述の生徒さん(幼稚園の先生を目指している)も最初はその初心者の一人で、鍵盤を見ても、どこが何の音で、どう弾くのか全くわからないところからスタートしました。

実はこの生徒さん、めちゃくちゃ素敵なおっちゃんなんです。

定年を迎えて、今の会社を出た後に、幼稚園の先生をやってみたいそうなんです。

むちゃくちゃ素敵ですよね!



「今まで人と関わる、教育に関わることを全くやってこなかったから、経験をしたい」という。

色っぽいですよね。

カッコいいですよね。



その意気込みの中で、始められました。



最初は体を壊さない・疲れにくい弾き方を手取り足取り教えて、その後楽譜の読み方からその覚えた音符を音にしていく作業…。

こんなカリキュラムを、実際の楽曲を使って行いました。



月に4回レッスンをしているのですが、もう本当に努力家で、まだ入って3ヶ月ですが、もう「魔女の宅急便」や「森のくまさん」を弾きこなしています。

正直、もう「幼稚園の先生」としてのピアノスキルはほぼ習得出来てきていると思います。

それでもいつもレッスン終わりに

「ピアノいいなあ」「やっぱ楽しいですね」

「いつか先生のような音で弾けるようになりたい」

とおっしゃって頂いてます。

もう、月謝いらんですよ。

それくらい、ありがたいです。



僕としても、「音楽の楽しさ」を伝えることが目的なので「楽しい」と言われればそれで満足(*^^*)



今日はなんだか本当にただの「日誌」みたいになっちゃいましたが、この記事を読んでくれているあなたに伝えたかったのは、

音楽を始めることに制限(初心者・年齢)なんか無くって、音楽を楽しいと思い続けられる環境があれば、絶対にピアノも弾けて、歌も歌えるようになるということです。

ピアノ教室.COM


もうすぐ敬老の日ですね。

ジョイの紹介制度を使って、お知り合いのシニアの方に「ジョイ」をギフトしてみませんか??(*^^*)


↓お問い合わせは、こちらからどうぞ!↓

↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ

↑体験レッスンお申し込みも、こちらからどうぞ!↑

このブログへのコメント