日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

鈴木きらきらピアノ教室

《鈴木ひろみのピアノに対する6つの想い》
1.ピアノ・音楽を通して学ぶこと。
教室に入って来ると…
お互い「こんにちは。お願いします。」と深々と頭 を下げ挨拶します。
レッスンが終わると「さようなら。ありがとうございました。」と再び挨拶。そして英語クラスは英語でも挨拶します。先ずは“あいさつ”がしっかり出来ると それに伴いひとつひとつの行為もマナーもしっかりしてきます。

2.生涯ピアノが楽しめるように。
生徒さま一人一人の「…したい!」に答え指導します。私が学んだ臨床心理学者・行動科学者テービー・ケーラー博士が開発したPCMをもとに 生徒さまのタイプ別にコミュニケーションをはかり、指導します。これらの力(ピアノを楽しむ)は…教育の2020年問題に対しても素晴らしい効力を発揮すると思います。今までの「机上だけの勉強・丸暗記だけの勉強」では通用しなくなります。ピアノを生涯楽しむことができ、自己肯定感が高まり、生きる力にもなり『教育の2020年問題』にも十分対応できると思います。

3.習い事はピアノが一番と確信!
脳科学的にはスキルを伸ばすだけだなく“地頭”を作る万能な習い事と実証されています。
シニアさまの認知症にも効力を発揮すると実証されています。

4.子育ても応援
3人の子供を育て、ピアノは勿論 様々な習い事もさせ、地域や学校の行事をこなし、役員もたくさん受け、私立大学・国立大学進学も経験させ…
泣いたり笑ったり怒ったり、一通りの事は経験してきました。子育ての相談なども親身になってのらせていただきます。

5.年に一回の発表会
1年間コツコツと練習を重ね その成果を発表するという目標を持つ事により 曲の完成度が上がります。曲を完成させるまでの過程の様々な思いや行為が、長い人生に大いに役立ちます。そして完成した時 本当の音楽の喜び・楽しみを知ることが出来ると思います。

6.英語でピアノ
公立中学校・高等学校の英語教諭の経験から…英語の教本を海外から取り寄せ 英語でもピアノレッスンいたします。大切なポイントだけは日本語で説明しますが、普通に私の英語の発音やリズムを聞いているだけで良いのです。生徒さまはピアノを練習して弾くだけ。楽譜・音符は世界共通ですから。ネイティブの赤ちゃんになったつもりで…。


↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ