日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

本番で成長するとは?

ピアノに限らず、他の事でも、
「人前で何かを発表する」「努力の成果を試す本番」の後は、
子供でも大人でも、本番前の自分からワンステップ進んだり、
脱皮できたりするものですよね。

上手くできたなら、自分の自信になり、
「もっとやってみよう!」と、意欲につながります。

では、失敗してしまったら?

ピアノ経験者から、たまにこんな話を聞きます。
「昔、発表会で、演奏の途中で止まってしまって…もう人前で弾きたくない。」

こんなことにならないためには、
本番前・本番中・本番後の対策が重要なのです。

以前は、私も生徒さんにこんな指導しかできていませんでした。

本番前 → とにかく練習しなさい
本番中 → 間違えずに弾けるといいね
本番後 → 指導者(私)側から、一方的に「出来ていたこと」「出来ていなかったこと」を話す。

時代は変わって、セルフコーチング(自分で自分を伸ばす力をつける)の考え方が
当たり前になってきました。

本番前 → 「自分が自信をもって披露したいこと」
     「今回、自分が立ち向かうこと」
     「それにたいしてどんな努力が必要か」
「今回の本番の目標」を考えさせます。
  「本番に向けてのイメージトレーニング」もして、
     本番で成功したい意識を高めます。

本番中 → これまで頑張ってきたことを信じて、会場で演奏することを楽しんで!
    「お客様に聴いていただく」という気持ちを忘れないで!

本番後 → 本人に「上手くできたこと」「できなかったこと」「これからどうしたいか」を
     言ってもらいます。

本番の度にこれを続けると…小さな生徒さんでも
「成功は自分の自信になる → もっとやりたい!」
「失敗は、次回リベンジしたい! → 自分の短所に徹底的に向き合うようになっていく」

失敗も成功も、「成功のもと」にしていけるのです!
     


↓お問い合わせは、こちらからどうぞ!↓

↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ

↑体験レッスンお申し込みも、こちらからどうぞ!↑

このブログへのコメント