日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

進化する小曽根さん

 ジャズピアニストの小曽根真さんが、地元のオーケストラ札幌交響楽団とラフマニノフのピアノ協奏曲2番を演るというので、喜び勇んで聴きに行って参りました。

 小曽根さんといえば、すでにジャズピアニストの第一人者として活躍していた2000年代初め、クラシックピアノを新たに師の元で学び始めたというニュースには驚かされたものです。そして、2003年には札幌交響楽団とモーツアルトのピアノ協奏曲「ジュテーム」を演奏し、私も客席の端っこでドキドキしながら聴いたものです。

 今日の演奏も小曽根さんならではのラフマニノフ。そう来たか・・・と思わずニヤッと笑ってしまうような演奏でした。
 クラシックピアノを学び直し、音色に陰影や深い表現も加わり、ますます進化を遂げる小曽根さん。聞けば、還暦(!)だそうですが、明るくて真面目で素直なお人柄が演奏からも滲み出ており、巨匠というより、成長を続ける少年のようでした。


↓お問い合わせは、こちらからどうぞ!↓

最新情報:ただいま、生徒募集は行っておりません



<< 前のページに戻る ↑体験レッスンお申し込みも、こちらからどうぞ!↑