日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

次回ブログお知らせ(╹◡╹)

《2020年次回ブログ掲載の予告》
2020/06/27土曜日8:00
オンラインレッスンで見えてきたもの①
習い事をやらされている子供と、音楽を自分で演奏する子供は同一人物。分かれ道をどう導くかの難しさについて。

親御さんの頭を悩ませているものの一つに、親子のあべこべ相関図というものがあります。

習い事としてピアノを捉えている親御さんこそ、ピアノを創意工夫して演奏できている、いわゆるやる気の感じられるお子さんを理想としていて、はたまた、もともと音楽的に創意工夫して演奏するお子さんの親御さんこそ、先生に教わった通りに慎んだ演奏を心がける、いわゆる技術重視のお子さんを理想とする、これが、親子のあべこべ相関図です。
そう書きつつ、子供を持つ親として、その気持ちはよくわかります!!要はやる気と技術のバランスですよね!でもバランスという言葉でくくれない時もあるし、、、これまでの生活や教育でよかったのかな?と心配になることもあります。。。

それが実は、創意工夫の子も、謹んだ演奏の子も、習い事風にやらされる子も、音楽を楽しんでいる子も、みんな同じお子さんの中に見受けられます。どれもお子さんの内面一部です。
内面をピアノと共に育ててみませんか?

今回のブログでは、講師側から見た、ピアノを習っているお子さんたちの内面をお伝えしながら、習い事をやらされている瞬間、自分から演奏している瞬間を軸に、お子さんの内面の変化をどう整え、成長を促すか、お話ししていけたらいいなと思います。

お楽しみに!!!


↓お問い合わせは、こちらからどうぞ!↓

このブログへのコメント