日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

【本厚木、横浜】坂本ピアノエレクトーン教室 fleur

  • 体験レッスンは背伸びしなくていい

    こんにちは。 お盆休みが明け、 また生徒さん方の笑顔に会えて 嬉しく思っています。 さて、体験レッスンは 背伸びしなくていいです。 これから学ぼうとしているわけですから、 音楽経験がなければ 「ありません」でいいですし、 何かすごいことをしなくてはなどと 思う必要はありません。 最初からうまくできなくてもいいのです。 それよりも嘘がないことの方が大切です。 弾けるかどうかよりも、 まず学びの姿勢や人となりです。 一般社会と同じです。 坂本ピアノエレクトーン教室fleur https://sa... 続きを読む

    2021年8月23日

  • 親御さんの音楽経験はなくても大丈夫です

    こんにちは。 親御さんに音楽経験がないのですが、 お子さんにピアノやエレクトーンを 習わせても大丈夫でしょうかという ご質問をよくいただきます。 結論から申しますと ご経験がなくとも全く問題ありません。 親御さんが現役のプロの音楽家と いうようなケースは別として、 親御さんが過去にピアノやエレクトーンを 習っていたかどうかは、 お子さんの上達にあまり関係しません。 弾き方や練習の仕方、曲の解釈などは 常に研究が進んでおり、 以前とは変わっていることも多いからです。 音楽経験があるかどうか... 続きを読む

    2021年8月4日

  • 夏季休業のお知らせ

    いつもご覧いただきありがとうございます。 教室は8月10日から17日まで夏季休業と させていただきます。 この期間中は体験レッスン、 お問い合わせ対応もお休みとなりますので ご了承ください。 この期間にいただいた お問い合わせにつきましては 18日以降順次お返事してまいります。 宜しくお願いいたします。 坂本ピアノエレクトーン教室fleur https://sakamoto-piano.jimdosite.com/ 続きを読む

    2021年7月30日

  • ご質問にお答えします「先生は素人の演奏を聴いてどう思われますか?」

    こんにちは。 「先生は素人の演奏を聴いて どう思われますか? 率直に下手だなと思うことなどは ありますか?」 10代の方からこんな質問をいただきました。 さらに良い演奏にするための具体的な アドバイスは一人ひとりにあるとしても、 下手だなと思うことはありません。 ひたむきな姿には素直に心を打たれますし、 どの段階でも頑張っている人を 応援したいという気持ちでいます。 坂本ピアノエレクトーン教室fleur https://sakamoto-piano.jimdosite.com/ 続きを読む

    2021年7月26日

  • 反省や課題は未来に架ける橋

    こんにちは。 傍から見れば何の問題もなさそうな演奏でも、 本人は「ここがうまくいかなかった」 「もっとこう弾きたかった」 という思いを持っていたりします。 自分で課題を見つけられる、 それは素晴らしいこと。 未来に橋を架けるようだと思います。 どんなに優秀な人でも、 全て満足、何も課題はない ということはありません。 自分の演奏を冷静に見つめられるのは 間違いなく長所です。 坂本ピアノエレクトーン教室fleur https://sakamoto-piano.jimdosite.com/ 続きを読む

    2021年7月19日

  • 得意教科は音楽!

    こんにちは。 学校はそろそろ一学期も終わりですね。 夏休みが近づいてきて嬉しそうな子どもたち。 「得意教科は音楽!」 そんな元気な声も聞こえてきます。 小学生だけでなく、 中学生や高校生になると 実技試験があったり評定がついたりと いうことがありますから、 「ピアノやエレクトーンを 習っていてよかったと思った」 という声も多いですし、 新しく習い始める方もいます。 一つでも多く自信の持てる 教科があるといいですね。 関東も梅雨明けです。 暑さに気を付けて 今日もいい一日をお過ごしくださ... 続きを読む

    2021年7月16日

  • 「知っている曲」はぜひ増やしていきましょう

    こんにちは。 お子さまに好きな曲だけ レッスンを受けさせたいのですが… 少数ではありますがそのような声を お聞きすることがあります。 ピアノを習う前のごく普通の 4,5歳頃のお子さんに 何曲知っているか数えてもらうと、 幼稚園で習った曲やアニメ曲など 大体5~10曲ほど。 まだまだ「知っている曲」を 増やしていきたい段階です。 受験など特別な事情がある場合は別として、 好きな曲だけを弾いていても 力はつきませんし応用も利きません。 近道をしようとして かえって遠回りになったり、 結局曲が仕上がら... 続きを読む

    2021年7月12日

  • 弾くたびにいい演奏にしていく

    こんにちは。 「一夜漬けの演奏は最悪。 練習して一晩寝かせ、 また練習して一晩寝かせる… それで初めていい演奏になる。」 尊敬するピアニストの言葉で、 私自身も心に留めている言葉です。 練習にどのくらいの日数や熱量をかけたのかは、 音を聞けば分かります。 いい演奏の裏にはたくさんの 努力があるはずですから、 その努力を惜しみなく讃えるようにしています。 坂本ピアノエレクトーン教室fleur https://sakamoto-piano.jimdosite.com/ 続きを読む

    2021年7月5日

  • 発表会が無事に終わりました

    こんにちは。 先日無事に発表会を終えることができました。 今年は感染防止のため、 十名ほどずつ回数を分けての 実施となりました。 舞台に立つということは お客様に聴いていただくということですから 演奏にはそれなりの質を要求しましたが、 皆、練習も本番もよくがんばっていました。 生徒さん方が輝いている姿を見るのは 本当に嬉しいことです。 もちろん課題もあります。 場数を踏むことも必要でしょうし、 学びは尽きることがありません。 だからこそ音楽はおもしろい。 そこに喜びがあり、 感動がある... 続きを読む

    2021年6月28日

  • ピアノやエレクトーンはぜひ10年は続けて

    こんにちは。 「子どものころにピアノを 習っていたけれどやめてしまった、 すっかり忘れてしまった。」 そのような声を多くお聞きします。 大変もったいないことです。 ピアノやエレクトーンは ぜひ10年は続けてください。 毎日の練習とレッスンを10年以上続けると、 個人差はありますが たとえばピアノであれば ショパンなどその醍醐味とも言える 作品に手が届くようになり、 楽しさとやりがいを 実感される方が多いからです。 また、音楽の楽しさは 年齢とともに変化していきますが、 クラシックでもポピュラ... 続きを読む

    2021年6月25日

  • ピアノとエレクトーンは何が違うの?

    こんにちは。 「ピアノとエレクトーンは何が違うの?」 そう思ったことはありませんか? どちらも鍵盤楽器ですが、 その違いについて お話させていただきます。 まずエレクトーンは 上鍵盤と下鍵盤、そして足鍵盤と 3段の鍵盤があるのが特徴です。 この3段の鍵盤で何をしているのか 大まかに言いますと、 上鍵盤は右手でメロディーを、 下鍵盤は左手で伴奏を、 足鍵盤は左足で低音を 弾いています。 エレクトーンはそれぞれの 鍵盤に別々の音色を セットすることができますので、 一人でオーケストラの音色... 続きを読む

    2021年6月21日

  • 雨の音を聞いてみる

    こんにちは。 あじさいの花の色のうつろいが 美しい季節になってまいりました。 皆様お元気でお過ごしでしょうか。 雨の日に傘をさして外を歩くと、 雨が傘にあたる音がします。 その音は雨の強さによって変わってきます。 外で聞く雨の音とお部屋の中で聞く 雨の音もまた違います。 ショパンは地中海に浮かぶ美しい島で、 屋根に落ちる雨音を聞きながら 「雨だれ」という曲を作りました。 時にはこの季節ならではの自然の芸術に、 耳を傾けてみてはいかがでしょうか。 坂本ピアノエレクトーン教... 続きを読む

    2021年6月14日

  • 今年の発表会は一般非公開となります

    こんにちは。 例年であれば発表会は 生徒さんのご家族やお友達を お招きすることができるのですが、 今年は感染拡大防止のため 入場制限があり、 残念ながら一般非公開となります。 生徒さんは、人数制限のある中 どなたに来ていただこうかと ご家族と相談しながら あれこれ考えているようです。 子どもたちは本当におうちの方が 大好きなのだなと感じます。 私自身も、 発表会となると私より緊張していた 家族のことなどを思い出します。 振り返ると本当にいい思い出です。 一人ひとりの生徒さんにとって い... 続きを読む

    2021年6月7日

  • 発表会に出るメリット

    こんにちは。 教室では今月の発表会に向けて、 出場する生徒さん方が 曲の仕上げをがんばっています。 発表会への出場は全く強制しませんが、 出ることで得られることは たくさんあります。 例えば、 ・いつもより時間をかけて 曲の完成度を高めていける ・目標があるから集中できる ・自己管理能力を養う機会となる ・ご家族やお客様に聞いていただくことが モチベーションのアップや維持につながる ・普段あまり弾く機会のないホールや、 コンサートピアノで演奏できる ・人前で弾くからこそ気付ける... 続きを読む

    2021年6月4日

  • スケールをスムーズに弾くために

    こんにちは。 ピアノやエレクトーンの基礎の一つに スケール(音階)があります。 スケールは「ドレミファソラシド」のような 一定のルールに従って並んだ音の階段のこと。 どの音からでも弾けるようになるのが目標です。 ただ、最初から全調弾くのは大変だと 思う方もいらっしゃるでしょうし、 経験者でもスケールに 苦手意識をお持ちの方もいます。 そこでレッスンではまず5音から慣れていきます。 ハ長調であれば「ドレミファソ」。 小さなお子さまも楽しそうに弾いてくれます。 「指くぐり」などのテクニックなども... 続きを読む

    2021年5月31日

  • お問い合わせの際にお知らせいただきたいこと

    いつもプログをご覧いただき ありがとうございます。 トップページでもご案内しておりますが、 お問い合わせをいただく際に お知らせいただきたいことがございます。 1. 年齢:  2. 性別: 3. 園・学校名、学年/ご職業: 4. ご住所(町名まで): 5. ご検討中のコース: 6. 楽器のご経験の有無:  経験年数:       7. 所有楽器の有無:  メーカー、機種名: 8. ご希望の曜日、お時間帯(複数可): こちらをお知らせいただきますと その後のやり取りが大変スムーズになり、 よりご希望に沿ったご提... 続きを読む

    2021年5月24日

  • 「楽譜を読むのが苦手です」

    楽譜を読むのが苦手です、 そのような声をお聞きすることがあります。 実は「楽譜を読む」というのは大変奥が深く、 10年、20年と研鑽を積む必要があるのですが、 そのお話はまた別の機会に させていただくとしまして、 「音符を読む」ことは そう難しくありません。 5本ある線を順番にたどっていけば、 基本的には誰にでも読めるように 書かれているんです。 音符が読めないと親御さんが 思っていらっしゃるお子さまの場合でも、 ゆっくりなら読めているという ケースも多いです。 リズムも代表的な音符の長さを覚え... 続きを読む

    2021年5月21日

  • 「子どもが一人だと練習しないんです…」

    こんにちは。 子どもが一人だと練習しないんです、 そんなお悩みを聞くことがあります。 一人で練習できるようになってくるのは かなり個人差がありますが、 概ね小学4年生以降が多い印象を持ちます。 学校の宿題が自分でできるようになると 練習も一人でできるように なることが多いようです。 一人で練習ができないのであれば できるようになるまで、 お子さま自身が練習の必要性を理解して 自分でできるようになるための ご家族のサポートが必要です。 ただ、サポートといっても お子さまはおうちの方に「先生... 続きを読む

    2021年5月17日

  • ラフマニノフとライラックの花

    こんにちは。 ゴールデンウィークは いかがお過ごしでしたか? 連休が明け、また元気な子どもたちの お顔を見ることができて、 嬉しく思っているところです。 さて写真のお花はライラック、 ラフマニノフが愛したお花です。 ラフマニノフの曲は フィギュアスケート等でも 用いられることがありますので、 お聞きになったことがある方が いらっしゃるかもしれません。 彼の苦悩に満ちた人生は 音楽からも伺い知ることができますが、 暗闇の中に光が射してくるような 得も言われぬ美しさは、 人は困難から立ち... 続きを読む

    2021年5月7日

  • 差が生じるのはなぜ?

    こんにちは。 私から見れば最初はどんなお子さんも ほとんど差がありません。 誰にでも弾けないところや 苦手なところはあります。 肝心なのはそこから先です。 たとえばレッスンで。 ほんの数分で自宅で弾けなかったところが 弾けるようになることがよくあります。 ただ人間ですから、 その後何もしなければ 忘れてしまいます。 自宅に帰って継続をした人と しなかった人では1週間後差が出ます。 年単位になるともっと差が出ます。 何か特別な才能を持っているかどうかよりも、 やるか否かということだと感じ... 続きを読む

    2021年4月19日


↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ