日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

キラキラした瞳

オリンピック、パラリンピックの延期が決まったり、その他先行きが見えない状況ですが、皆様のご理解、ご協力のもと、現在のところ無事にレッスンさせていただいています。ありがとうございます。

そんななかレッスンでは、数々の心があたたまる瞬間や、感動に立ち会わせていただいています。

本日の年長組の生徒さんのレッスンでのこと。
先週のレッスンで"わらべうた"と出会いました。
わらべうたってなあに?
から始まって、"ラ"の音が中心の曲調に??
ポジションも微妙に変わるし(e~h)、少し不安そうでしたが、一週間経った今日。
キラキラした瞳で教えてくれました。
「あのね!私発見しちゃったんです!
この場所を(e.hを重音にして)弾くと、ほら!
"ひなまつり"の曲(左手伴奏)になるよ。日本の曲。いい感じの音ですねぇ♪」
「あら凄いね!見つけちゃたね!すてき!」

先週も知っていそうな日本のうたや、わらべうた探しをしたのですが、ひな祭りはあがりませんでした。
お家でもいろいろ探したり弾いたりきてみてくれたと思うと、嬉しくなりました。

与えられた課題をこなすだけではなく、自ら探すこと、気づくことはとても貴重なことです。

ピアノはただ音を間違いなく弾くだけではなく、自発的に感じたり、気づいたりできることに意味があると思います。

ほかにも、次のテキストの表をみながらワクワクしている生徒さんや、次の発表会に向けて「私、弾きたい曲がいっぱいあるんだ!これとこれとこれと…(今まで弾いた曲ほとんど)」と教えてくれる生徒さん。

一生懸命練習してきた曲を「これ、かんたんだったよ!」といって楽しそうに弾いてくれる生徒さん。

練習してきたから簡単になったんだよね!

この自然で生き生きとした気持ちをしっかりと受け止めなていかなければ、と改めて思いました。























↓お問い合わせは、こちらからどうぞ!↓

↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ

↑体験レッスンお申し込みも、こちらからどうぞ!↑

このブログへのコメント