日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

第73回全日本学生音楽コンクール/東京大会予選(小学校の部)を聴いて来ました

横浜市青葉区奈良~こどもの国のフロイデピアノ教室です。

2019年9月15日(日)第73回全日本学生音楽コンクール/東京大会予選
小学校の部(於:東京オペラシティ・リサイタルホール)の2日目を
聴きに行って来ました。
ピアノはスタインウェイ、豊かに響いてとても良い音でした。

小学校の部は小4以上、参加料は各部門共に一律27,000円、予選、本選、
全国大会と、勝ち進めば進むほどお得?になります。

予選・本選の入場チケットは2,100円、全国大会は2,600円で、立派な
冊子のプログラム(別売)がつくのは本選からなので、予選ではA4一枚
のプログラムをいただきました。

私は学生音楽コンクールの小学校の部予選を聴くのは初めて、朝10時~
夕方4時前まで、この日の参加者全41名の演奏を聴かせていただきました。

審査結果は、応募全81名中、本選進出者は16名(約2割)、私が聴いた
2日目からは、6名でした。

<課題曲>次の1~3から計3曲を6分以内で、演奏順は自由。
1.バッハ/シンフォニア(No.5,9は除く)から任意の1曲
2.スカルラッティ/ソナタ ※以下の3曲から任意の1曲
  K.35/L.386 ト短調
  K.208/L.238 イ長調
  K.430/L.463 二長調
3.ツェルニー/練習曲 ※以下の9曲から任意の2曲を選択、当日抽選で1曲を指定
  40番練習曲~No.22 No.26 No.27 No.29 No.32
  50番練習曲~No.2 No.3 No.4 No.5

実質4曲を用意しなければならない上、当日抽選の結果によっては、
演奏効果を考えて、演奏順を変えたりすることもあるでしょうから、
小学生にこの難易度の曲を課すだけでもかなりの負担、コンクールに
エントリーするだけでも大変なことです。

さすが最高峰の歴史ある学生音楽コンクールだけあって、ちゃらちゃら
したドレス姿の子はおらず、ほとんどは黒やグレー系の落ち着いた
ワンピース姿でした。

この日の41名中、私が印象に残った参加者は10名、中でも圧倒的だった
のは3名でした。

予選から皆さんものすごく上手くてハイレベルなのですが、既に演奏家
の風格を漂わせるような演奏もありました。

それにしても、ツェルニー練習曲をこんなに沢山(しかも高速で)聴いた
のは初めて、練習曲でも音楽的に聴かせる演奏もあり、改めてツェルニー
の良さを再認識しました。

このレベルの演奏をしようと思うと、グランドピアノ持ちは当然、
逆に言えば、小学生のうちからグランドピアノを持っていないと、
このコンクールにエントリーするのは難しい、ということなのでしょう。


↓お問い合わせは、こちらからどうぞ!↓

↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ

↑体験レッスンお申し込みも、こちらからどうぞ!↑

このブログへのコメント