日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

鈴木加奈子ピアノ教室

  • 楽器について

    現在、新規の生徒さんを月曜日と水曜日で1名ずつ募集しております。 どなたも歓迎しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。 (成人の男性は紹介の方か大学生までとさせて頂いています) ただ、楽器を所有している又は、中古ピアノなど購入を検討して頂くということをお願いしたいです。 本格的に習いたい方だけを募集しているという意味ではありません。進むスピードは人それぞれなので、速くても遅くてもいいと思っています。一歩一歩正しく学べるようサポートしていくことを心がけています。 今は電子ピアノ... 続きを読む

    2021年9月8日

  • コンクール本選

    本日、cmcコンクールという豊橋の楽器店のコンクールの本選でした。 生徒さんは本当に頑張ってくれているなとレッスンの度に感じているのですが、他の参加者のどの子も今日に向けて頑張ってきたんだなと感じる意気込みのある演奏ばかりでレベルが高く、緊張感のある本選でした。 いざ本番になると指導者も保護者の方も何も手助けはできず祈ることしかできないのですが、子どもたちは堂々と舞台に立ち演奏をしており本当に立派でした。 私のところからは年中さんから5年生の子がチャレンジして、銀賞が二人、特別賞、審査員賞... 続きを読む

    2021年7月25日

  • new 看板

    レッスン室の看板を新しくしました。 これまでのものも気に入っていたのですが、「随時生徒募集中」と入れていたのが気になって付け替えることにしました。 今も少し募集しているのですが、何度か看板を見て来てくださったのにお断りしてしまった時もあり、申し訳なく思っていました。 正直、前回看板を作った時は、レッスン枠がなくなるくらい生徒さんが来て下さることを想像していなかったので、ありがたいなあと思います。 ということで、こんな感じです↓ ピアノ教室ということは分かるし、すっきりしていいかなと思って... 続きを読む

    2021年7月22日

  • 背中を押すということ

    以前、ヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんがブログでお子さまの音楽教育について書かれていて、本当にそうだなと感じたことがあります。 近頃は、子供に無理やり何かをやらせると虐待だ、と言われてしまうので楽器の練習をやらせるのも加減が難しい、でもプロを目指すなら小さい頃からそれなりに練習を積んでいないと間に合わない、というような内容だったと思います。 全くその通りで、 特にピアノは楽器の中でも練習時間が必要な楽器で、ある程度大きくなってから急に専門的にやりたい!と言ってもその時にそれなりのレベル... 続きを読む

    2021年7月1日

  • 最近のいろいろ

    昨年はチャレンジしようと思ったコンクールがことごとく中止になってしまいましたが、今年こそはと、8人の子とコンクールに挑戦している真っ最中です。 小さいうちからコンクールなどで競うことに対しては色々な考え方がありますが、コンクールに出ることの意義を考えてみました。 真剣な想いをもって集中的に練習する期間ができるので、練習量が増えます。 プレッシャーの中で誰にも助けられず、自分の力で演奏をやりきることで精神的にタフになります。 頑張っていると思っていたけれど、世の中にはもっと頑張っている子がい... 続きを読む

    2021年6月18日

  • 練習の過程

    一つのプログラムを仕上げて本番に出そうと思うと、どんな子でも壁にぶつかる時があります。 その壁は、コツコツ毎日の練習をすることの子もいれば、たくさん練習しているのに弾けないパッセージかある子もいれば、音符は弾けているけれど曲のイメージがつかめなかったり、ミスなく通すことが出来なかったりと、一人一人違うもので、レベルもさまざまです。 でもじっくりと一つの目標に向けて取り組むことによって、壁が見えてくるのであり、それに対してどう取り組み、乗り越えていこうとすることに価値があると考えます。 ... 続きを読む

    2020年12月10日

  • 曲の仕上がり

    すっかりお久しぶりのブログです。 今年は生徒さんが挑戦しようと思っていたコンクールがいくつも中止になり、残念なこともたくさんありましたが、少しずつ取り戻した日常をありがたいなと感じる今日この頃です。 そんな中で紆余曲折ありながらも、12月に発表会を開催することになりました。この先、冬に向けてどんな状況になるか不安もありますが、信じて準備を進めています。 いまは最後の追い込みの時期になってきて、曲の仕上がりについて考えることが多くなりました。 曲の仕上がりってどこでしょうか? 音符を間違... 続きを読む

    2020年11月4日

  • 今年の挑戦

    一年前に入ってくれた生徒さんたちが一歩一歩確実に成長し、今年は何人かの子たちと一緒にコンクールに挑戦することになりました。 毎週のレッスンでももちろん成長できるように精いっぱいやっていますし、コンクールに出る生徒さんの方が大切と考えているわけではありません。 でもやはり、目的を持って数カ月間一緒に努力すると、本当にグッと伸びる期間になります。 一曲を深く勉強することは音楽の深さを知ることにもなるでしょうし、理想の音色で弾くには曲に対するイメージを膨らませさまざまなテクニック練習を行うこと... 続きを読む

    2020年3月4日

  • 今年のまとめ

    お久しぶりになってしまいました。  いつの間にか年の瀬も近づいてきましたね。 今年は未就園児の新しい生徒さんがたくさん入ってくれたこともあり、私自身も入門時のレッスンや練習について改めて考えることの多い一年でした。 音楽の道は、とても長いものです。 一歩ずつ基礎力やテクニックをつけ、歌心や曲に対するイメージをもつ音楽性を磨き、さらにそのイメージを表現する多様な音色を身に着け、と多くの要素が関わり合い良い演奏ができる上達の道を歩むことができます。 なので、日々の練習やレッスンは地道なもの... 続きを読む

    2019年12月22日

  • 発表会を振り返って

    すっかりお久しぶりになってしまいました。 当教室の発表会は無事に終わりました。 みんなよく練習をして本番を迎えることができたので、私や保護者の方がドキドキして見ているなか、本当に堂々と弾いてくれました。 この春に始めたばかりの幼稚園児、保育園児の子もみんな立派に弾くことができたので、可愛らしいだけでなくとても見応えを感じました。 終わった後の、充実感のあるみんなの顔を見て本当に嬉しく思いました。日々積み上げてきたものを本番で出すことができた充足感を味わうことができたと思います。 と... 続きを読む

    2019年8月14日

  • 発表会に向けて

    教室の発表があと1ヶ月と少しに近づいてきました。 発表会の曲は、曲を決めてから本番まで数ヵ月間かけて取り組みます。 少し難しいチャレンジする曲を仕上げていくには、細かく計画を立てていくことが大切です。 3週間前には仕上げるようにするには、その1ヶ月前には両手で弾けるようにする。そのためには右手は○週間、左手は○週間で弾く、など逆算して細かく具体的に計画するほど実行しやすくなります。 本番が近づいてきてバタバタしても、突然弾けるようにはならないので、やはり日々の積み上げがとても大切です。 ... 続きを読む

    2019年6月11日

  • 小さな生徒さん

    まだ幼稚園、保育園児のお子さんのお母さまからは、集中力が続かないというお悩みをよく聞きます。 お母さま方の素晴らしいサポートで何回かに練習を分けたり工夫してくださる方など、みなさん本当に頑張ってくれています。 私もそれで良いと思っています。 そもそも小さい子の集中力は10分や15分と言われていますよね。 なので、突然無理して30分続けるよりも、10分を2回、3 回、4回増やしたり、15分を2回にするなど1回の時間を少しずつ長くしていくと良いと思います。 だんだん練習をする習慣が身について、曲も少し... 続きを読む

    2019年5月14日

  • レッスンの喜び

    こんにちは。 少しお久しぶりになってしまいました。 日頃のレッスンでは、私自身たくさんの感動をいただいています。 小さな生徒さんたちは、短い曲をたくさん宿題にしていて、曲によりますが5〜10曲ほどを、練習してくれています。 私が実際に向き合えるのは週に一回ですが、一週間での成長を目にするたびに、お家で毎日頑張ってきてくれた様子が目に浮かぶような気持ちです。 曲が合格になって喜ぶ姿を見ていると、一生懸命練習しているからこそ得られる喜びを感じてくれていることを、私も嬉しくなります。 初心者... 続きを読む

    2019年4月28日

  • 練習について②

    先日は、細かいステップに区切って行う練習について書きました。 それは、ピアノに限らず何かを学習する際にどんな分野でも共通することかもしれません。 今日は、音楽的な面から考えたいと思います。 いい音で弾くために、いいバランスで音を鳴らすために、音楽的なフレージングで弾くために、一番大切なことはイメージをもつことだと考えています。 どんな風に弾きたいか自分が理想のイメージをもっていなければ、ただ漠然と繰り返し弾くことになってしまいます。 もちろん、初めて弾く曲に対して最初から具体的なイ... 続きを読む

    2019年4月8日

  • 練習について

    ピアノを習って、上手になるためには毎日の練習が欠かせません。 レッスンでやり方を習って、お家での練習でそれを定着・向上させると考えていただけるといいと思います。 どんな風に練習をしていくのが良いでしょうか? 練習のやり方は工夫が必要です。 例えば、ある曲を発表会で弾きたという目標があるとします。 良い仕上げをするためには早く譜読みを終わらせる必要があります。 なので、まず右手は2週間、左手は2週間、次の2週間で両手を合わせるなど期間を区切ると良いでしょう。 さらに具体的に、○日までに右手... 続きを読む

    2019年3月28日

  • ブログについて

    こんにちは。 こちらのブログに書いていることは、自分が練習する際や演奏する際、また指導している中で普段考えていることを少しずつ書いているものです。 ブログを書くようになってから、多くのアクセスをいただき、実際にお問い合わせもいただきありがたく思っています。 こうして書いていくなかで、考えが一定のまとまりをもったり、改めて自分自身も確認することができる場となっています。 ですので今後も少しずつ書いていければと思っています。 これからは練習について書いていきたいと思います。 つい長文にな... 続きを読む

    2019年3月26日

  • 初歩のレッスン

    こんにちは。 ピアノに限らずなにかを学習する時には、主体的に意欲を持つことが大切ですよね。 ピアノの場合には、進んで取り組むためには楽譜を読めることが肝心です。 自分で楽譜を読めないと、新しい曲を自分でお家で練習できなかったり、譜読みがとても苦になってしまい練習から遠ざかってしまうというサイクルに陥ってしまいます。 そのため、初歩の段階では簡単な曲をたくさん課題にして取り組むことが必要だと考えています。 無理なく練習できるレベルの曲を進めていくことで、練習する意欲も湧きますし、音符を読... 続きを読む

    2019年3月16日

  • 募集枠について

    2月から3月にかけてお問い合わせやご入会たくさんいただいています。 ありがとうございます。 お問い合わせや体験の時期が重なって、ご迷惑をおかけしまったこともあったので少しお知らせさせてください。 基本的にレッスン枠は先着順になります。 体験の段階では、曜日や時間は確定ではなく、入会申し込みいただいた時点で確定になります。 個人レッスンということで時間に限りがあるため、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。 現在の募集枠は、水曜日は15時、火曜日と木曜日で若干名とさせていただい... 続きを読む

    2019年3月5日

  • 手について

    良い演奏とは何でしょうか。 ピアノは、同じ曲でも演奏者が違うと全く違う音楽になります。 音色、アゴーギク、アーティキュレーション、解釈、さまざまな要素がありますが、音色はとても大切です。 先週、音色のために耳が大切と書きました。 そして耳と同時にやはり実際に弾く手の使い方が肝心です。 手の使い方とは一言にいっても、実際には脱力、瞬発力、手の形、タッチするポイント、手首、腕、関節についてなど多くの要素があります。 こうして書くととても高度なことに感じるかもしれませんが、これはあるレベル... 続きを読む

    2019年3月4日

  • 良い耳をつくる

    こんにちは 教室のご案内でも、良い耳をつくることを大切にしている旨をお知らせしていますが、ピアノに限らず、音楽をやっていく上で、耳は本当に大切です。 音のミスに気付くこと、良い音で弾けているか聴くこと、ハーモニーのバランスやフレーズの歌いかたが良いかどうか聴くこと、ペダルのにごりがないか聴くこと等々、自分の弾いた音をちゃん聴ける人ほど上手になるといっても過言ではないと思います。 特に音色は、自分で理想をもって求めて作っていくものであり、自分の耳で作っていくものです。 絶対音感は、訓練... 続きを読む

    2019年2月24日


↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ