日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

みおピアノ教室

  • コミュニケーション

    今日、近所の外出先で偶然にも、ある高学年の生徒さんのお母様とお会いし、(立ち話ではありましたが)少しお時間を頂いてお話させていただきました。 私のレッスンは基本、生徒さん御本人を預けていただく形で行なっているので、 お母様とはお迎えにいらした際にお話したり、レッスンノートに記録として記すことで(おうちの方からのメッセージ含め)生徒さんの状態を相互に把握出来るように努めています。 レッスン自体は、習っている生徒さんと講師である私との関係で築いていくものだと考えていますので、 学校と同じく、安心... 続きを読む

    2017年10月17日

  • ピアノノート

    この頃空き時間に、ピアノという楽器にまつわるエッセイや歴史本をゆっくりと読み返しています。 世界的なコンサートピアニストのチャールズ・ローゼン著書のピアノノートという本を読みはじめたばかりなのですが初っ端からいきなり ハッとさせられた言葉があります。 それは、 音楽の演奏は芸術である以外に スポーツの一形態という側面をもつということ。 演奏をする側と聴く側からの視点を交えて ピアノという楽器のもつ特徴が様々な作曲家の例でわかりやすく解説されています。 読み進めるのがとても楽しいです。 ... 続きを読む

    2017年10月15日

  • J.S.Bach

    この頃、J.Sバッハの12の小プレリュードを昔の楽譜を引っ張り出し1番から順に弾いています。 私は、昔の恩師がそうであったように 教える側になっても常に演奏内容を追求し勉強する身でありたいと思っています。 その都度興味がある曲、作曲家の曲を出来る範囲で弾きこんでいきたい。 決して職業が演奏家というわけではありませんが。 根底は好きという気持ちです。 ジャンルは問いません♪ 続きを読む

    2017年10月13日

  • 歌いながら

    歌いながら弾くという行為を弾き語りといいますが、実際やってみるとこれが難しかったりします。 ミュージシャンの方で、自ら奏でる伴奏に乗せながらエモーショナルに歌い上げる方をみると、いつも格好いい‼︎素晴らしいなぁ、と感心します。 本来ピアノは音を感じ心の中で旋律を歌いながら弾くもの。けれど実際声に出して弾き始めると音がずれてしまったり、思うように指が進まなかったり。 じゃあどうすれば歌う余裕が生まれるのか? それはもちろん!技術的な練習を重ねるのみなのですが、 ひとつコツがあります。 片... 続きを読む

    2017年10月12日

  • 連弾

    昨年開講した私の教室では、新規の生徒さんが多くその子たちは皆楽譜のレベルも似たり寄ったりなのですが、 バイエル初級程度でも弾ける連弾曲をたまに取り入れるとそれぞれ張り切って練習してきてくれます。 それもディズニーや、有名なクリスマスの曲など。 私も小学生の頃、クラシック専門の恩師についていましたがある時発表会でドラクエのテーマ曲を同じ学年のお友達と連弾することになった時、 何だかとても新鮮で練習に精が出たことをよく憶えています。 いつもではないですが、 たまにポピュラーも混ぜ込む。そし... 続きを読む

    2017年10月11日

  • レッスンにおけるマナー

    3歳から5歳ごろの子供達は興味が次から次へとうつり、まだ椅子に15分なんてきちんと座っていられない集中力が続かない年頃でもあります。 幼稚園年長さんくらいになると少しずつ落ち着いてくるのですが。 そのため、小さな生徒さんにはピアノ以外の、音楽にまつわるさまざまなプログラムを用意して、ひとつひとつに出来る限り夢中になり楽しませる工夫をしています。 それでも、教室内において最低限のマナーやルールというのはもちろん存在します。 マナーが守れないというより、分からない生徒さんにはその都度口頭でわかり... 続きを読む

    2017年10月5日

  • レッスンノート

    毎週レッスンにきて、同じことをしているようで 少しずつ本人の努力と成長により変わっていくことってあります。 私自身が、できた!の自信をいちばん大切にしてきたので 生徒さんの曲がなかなか進まず、日数がかかっても気にしません。長い目で見て、とにかく丁寧に教えることをします。 例えば、変なクセがあれば早い段階で直したいので、レッスン時間内でなるべく成功できるような指導を行っています。 (大抵はその場でなおります!復習を怠ると、戻ってしまうこともありますが…笑) 生徒自身が自宅に帰ってどんな練習を... 続きを読む

    2017年10月3日

  • 運動会

    昨日は待ちに待った子供たちの運動会でした。 我が子のみならず 教室に通っている生徒さんの活躍もみれて、とても嬉しかった日でした✨ そして、本日は学校が振替休日ではありましたが、 レッスンは通常通り行いました。 運動会って… 子供たちの頑張りプラス、あらためて指導者の素晴らしさを感じる機会でもあります‼︎ しかも大勢の子供たちを少ない期間にまとめあげる力。。 感動しました! 続きを読む

    2017年10月2日

  • コンプレックスもはねのけて

    高校時代の私は、部活動に入らず音大入試に向けて実技レッスン+ソルフェージュの先生のお宅へ通う日々でした。 ピアノは目標に向かって練習あるのみなのです。 しかし、そんな私にも 小学生時代には練習時間がなんと、最大15分の時もあったんです(笑) オクターブがギリギリという、ハンデを負った自分の小さな手を憎み、正直ピアノを嫌になった時期もありました。 しかし、小さな手で有名な中村紘子さんという偉大なピアニストの存在を知り、著書を読み(実母が買って来てくれました) 苦労した甲斐あってか 少しずつ技術... 続きを読む

    2017年9月29日

  • 暗譜

    私の教室で大事にしていることがあって、 それはズバリ、暗譜です。 もちろん、レッスンの最終的な段階において、です。 個人差があるので 一曲にかかる時間はそれぞれ違いますから 早く暗譜できればよいというわけではなく。 楽譜イコール音符をみないで弾くということは ある意味その曲をすべて理解して弾いているということにつながります。 あんぷを終えた後 間違えがあった場合 まずどこをまちがえたか。を本人に聞きます。 分からなければ、ココだよと教えます。そしてなぜまちがえてしまったかを一緒に探... 続きを読む

    2017年9月27日

  • 音楽

    私の生徒さんの中に最年少で3歳の女の子がいます。 いつも、元気よくご挨拶して靴をきちっと揃えて。玄関の所でお母様にバイバイして入ってきます。 お行儀よくレッスンを受けるというより、 レッスンを受ける姿勢がとても積極的で、私も思わず背筋がぴっと伸びるんです。 3歳というと、 ピアノを弾く指導というより、歌ったり、リズム感を身につける指導のほうに重きをおきます。 時期が来れば、指は動きますし、音符の読み方も自然と身につきます。(と私が断言できるのも、私は7歳から始めているからです) ただせっか... 続きを読む

    2017年9月26日

  • 心機一転

    こちらの教室ブログを今回一からスタートすることとなり、みおピアノ教室のホームページも一部リニューアルいたしました。 今月から曜日と人数限定で大人の方(成人女性のみ)レッスンを募集していく方向です。 今から十数年前になるかと思いますが、ヤマハの個人ピアノ講師として勤めていた若かりし頃は最高齢で80歳代のお年寄りの方を教えていました。 私が教えていた当時六十代の生徒さんで、電子ピアノからアップライトピアノに買い替えてくださり、その方の御主人が亡くなられた後も趣味としてピアノを弾き続けてくださっ... 続きを読む

    2017年9月19日

この教室へお問い合わせ

お問い合わせは無料で行えます