日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

よく気付いたな~

レッスンで様々な曲を弾いている時、時々曲の一部分、本当にピンポイントの所で「あっ!コレ○○の曲に似てる」「なんかに似てるんだよな~」などと口に出す生徒さんがチラホラいます。

家で譜読みしながら気付いてくることもあれば、まだ一人で完全に読譜が出来ない生徒さんに少しずつヒントを出して譜読みのサポートをしている時だったり。

運動会で踊った曲で…と言われて私が分からなかったのでその場でスマホで本人と聴いてみたら、「違う、もっと先の『○○』という歌の所」と言うのです。そして「あっ!ホントだ!似ているというか同じ音だよ!」よく音楽を聴いてダンスしていたんですね~。

少し前にも別の生徒さんが「あっ、ココの所○○に出てくるよ」と。○○は知っていたのですぐ分かりました。というか、世代的に小学校低学年の子が知っているのかぁ~。保護者の方と一緒に映画観たことあるのかな?なんとなくご家庭の雰囲気が感じられます。ボヤーっと観ていたわけではなくて音楽も含めて楽しんでいたのでしょうね。

そういえば、娘も小学生の時に先生に曲の事を質問されて「なんでかな?」とそばで聞いて思った事がありました。バッハのシンフォニア7番を「戦争」「紛争」「でも最後は希望」みたいなことを…あとで「多分これだ!」と思い当たる事がありました。NHKドキュメンタリー映像の世紀を夫や私が何度か観ていたのです。娘はあまり興味を示す年齢でもなく勝手に遊びながらたいして観ていなかったと思いますが、画面はチラッと記憶にあり耳だけは意識がいっていたのかもしれません。そういう世界情勢の映像がたくさん出てきており、そしてそのテーマソングの冒頭メロディーの音の並びが似ているのでした(調性は違うけれど)。そして終止が長調なので暗いままではない感じと思ったのかも。

子供って思いもしないところでよく気付きますね。


↓お問い合わせは、こちらからどうぞ!↓

↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ

↑体験レッスンお申し込みも、こちらからどうぞ!↑

このブログへのコメント