日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

パリのセッションデビュー ジャズピアノ歴6年目

ジャズを始めた頃から、積極的にセッションに参加してきました


いろんな曲を知ること

他の楽器を知ること

いろんな人と合わせていくこと



壁に、ガツンガツンとぶつかりながらも、

ジャズを愛する人たちの、優しさのおかげでここまで来ました。


パリ旅行を計画していたら、前回訪れたライブハウスでセッションが2日間もあることを発見

上手くいけば、参加しようと言う気持ちで出発

1日目のセッションは、ギター2本とバイオリン、ピアノはなかったです。

お店のスタッフ(ウエイトレス)の方に、明日のセッションについて聞いたところ、

参加したければミューシャンに言えば良いと教えてもらいました。ここは、英語です

ところが、2日目お客さんは一杯で、おまけにフランス語ががわからない、

ミュージシャンの演奏が終わり、セッションスタート

誰も、楽譜を見ていないし、知らない曲がほとんど、

グランドピアノから譜面台は取り外されている、

フランス語わからないし、エントリーの仕方もわからないし、

セッションのレベルも高いし、

諦めて帰ろうとしたとき、お店のスタッフの彼女が、

私を引き留め、ミュージシャンに言ってくれました

私の前に演奏していた人と代わるとき、彼は私にピアノの弾き方を知っているのかと

聞いてきました。そうです、曲を知らないと参加出来ません。

そこで、ブルーボサを弾きたいと告げたら、皆さんにOKしていただき、

無事セッションが出来ました。

ついに、パリでもセッション参加出来ました。

ブーイングも、灰皿も(今時無いですね)飛んでこなかったので、セーフです。

10年後は、ニューヨークかな・・・・・・ニコニコ

この教室へお問い合わせ

お問い合わせは無料で行えます

このブログへのコメント