ピアノを練習したくなるひとこと 坂場ピアノ教室 のブログ | ピアノ教室.COM

日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

ピアノを練習したくなるひとこと

練習をして来ない生徒さんには、様々な理由がああります。

学校行事等で忙しい、保護者の方のお仕事の繁忙期、練習方法がわからないなどなど…
生徒さんそれぞれに理由があり、それをひとつひとつ解きほぐしていくことが大切になってきます。

では反対に、練習をして来る生徒さんはどうしてちゃんと練習をして来れるのでしょう。

ピアノを弾くのが好きだから、
シールをたくさん貼りたいから(坂場ピアノ教室ではまるがつくとシールを貼れます)、
練習マスをどんどん埋めたいから、
褒めてもらえるから…などなど、
たくさんの理由があり、こちらも生徒さんが練習したくなるような工夫を思考錯誤しながらやっています。

その中で、きちんと練習をしてくる生徒さんを見ていて共通することは、「おうちの方が演奏を聞いてくれる」ということです。
小さい年齢の生徒さんほどこの傾向が強いです。

保護者の方がどれだけピアノに関心を持ってくださるかということが、生徒さんの普段の練習スタイルに大きく影響するようです。
生徒さんにとって、保護者の方に褒められるほど嬉しいことはないんですよね。

「きのう、ママにほめてもらったんだよ!」
「上手になったねって言ってた」
「帰ったらパパに教えてあげる」

生徒さんからよく出てくる言葉です。

習い始めの頃は保護者の方と生徒さんで一緒にピアノの練習をすることが多いと思いますが、慣れてくると、生徒さんが1人でピアノに向かうケースが多くなります。
当教室ではほとんどが共働きのご家庭ですし、できるだけ生徒さんがお1人でも練習できるようにレッスンもしています。

ですが、レッスンの前日や、保護者の方がお仕事から帰ってきてからなど、ご自宅で生徒さんの演奏を聴く機会があると、生徒さんにとっては刺激となって練習するきっかけになるようです。
お子様が小さいうちは、環境が許せばリビングにピアノを置くと、ピアノに向かう機会が段違いで多くなるという話もよく聞きます。

「私はピアノをやったことがないから、子供の演奏を聞いてもよくわからなくて…」
という親御さんも、ぜひ生徒さんの演奏を聞き、そして褒めてあげて下さい。

その一言が、きっと生徒さんをピアノに向かわせる励ましとなることと思います。


↓お問い合わせは、こちらからどうぞ!↓ ↑体験レッスンお申し込みも、こちらからどうぞ!↑

このブログへのコメント