日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

6度や3度を美しく!

《3歳からシニア世代まで初めてのピアノ個人レッスン》
茨城県ひたちなか市・那珂市でピアノ教室を
開いております稲野辺純子です。
いつも私のブログをご覧いただき
ありがとうございます。

Piano Lesson バイエルBeyer95&96(原書97) 番 について

前後の曲のF dur(へ長調)に挟まれ
この2曲は
C dur(ハ長調)・8分の3拍子・Allegretto(速めに)で
作曲されています。

この2曲に共通なことは、
重音を多用している点です。
95番の右手は、6度の重音でできています。
ですから
一度6度の幅を把握したら
そのままの手の形で
しかも
5の指に重心を置き
1の指は、控えめに支える役目を
担ってください。

左手にはスラーがたくさん使われて
いることからわかるように
美しいメロディーラインを
描いてくださいね。

23~24小節にだけ
左手にも重音が出てきます。
重音の上の音はスラー
下の音はタイ
左手だけで2声になっていますので
ここは気をつけてください。
https://youtu.be/m6EoycsFCug

***

96番(原書97番) になると
ピアノのテクニックの中で
最も難しいとされる
3度が両手に多用されています。

さらに左手5の指は
通奏低音のように1小節の間
伸ばし続けなければなりません。

9~15小節は
右手重音スラーと対照的に
左手は、同一音形を弾き続けなくては
なりません。
譜読みが簡単であるのに
3度の技術が
綺麗に同時に音を出すことが
難しいでしょう、
ゆっくり丁寧に練習することを
お勧めします。
https://youtu.be/RlQ1AtRP9gg


バイエルも残すところ10曲になりました、
皆さんゴールドが見えてきましたね。
あと10曲です。
頑張りましょう!

当教室では現在、
秋の生徒募集キャンペーン
開催中です!
9月28日までに
LINEを登録して頂くと
総額8000円がお得です。

***

①通常3,000円の体験レッスン無料で、
受講できます。②またご入会いただく場合は、
通常10,000円の入会金が、
半額の5,000円
③レッスンバックを
プレゼントいたします。
それでは、
お教室で皆様のお越しを
お待ちしております。


↓お問い合わせは、こちらからどうぞ!↓

↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ

↑体験レッスンお申し込みも、こちらからどうぞ!↑

このブログへのコメント