日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

上手く弾けない時には

ご家庭での練習で、弾き方がわからなかったり、上手く弾けなくて、困り果ててしまう事も時にはあるかも知れません。

小さなお子様の練習をサポートして下さるお母様にも、スムーズに行かない時には、ついつい気持ちが焦って、怒ってしまいそうになる事もあるかもしれない、と想像いたします。

ピアノを教える立場の者としては、「ここの弾き方がわからなかった」「ここは弾けなかった」という事で、レッスンの場にいらして下さっても、それをサポートするのが仕事ですから、一緒に理解の筋道を辿り、弾き方をお伝えしながらレッスンの時間を一緒に過ごします。
同時に、この曲を取り上げる前に、私から生徒さんへの準備が足りなかった事に気づき、反省し、次のレッスンを組み立てて参ります。

ご家庭では、親子の間柄故に、練習のサポートが難しい、ついつい怒ってしまいそう、と感じられた場合は、練習の間ずっとそばにいるのではなくて、10分だけそばにいて、あとは子供の自由に練習させてみるのも良いかもしれません。「ちょっと違う音を弾いているな〜」と思う事も多いかもしれませんが、ちょっとこらえて目をつむっていただいても大丈夫です。

上手く行かない事があった時こそ、どうぞ頼って下さいね。


↓お問い合わせは、こちらからどうぞ!↓

このブログへのコメント