日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

【紫明先生のエッセイシリーズ】夢のような日々(1992年)8

〜ピアノのレッスン〜

片岡ハルコ先生は、

「最初はキラキラ星から、テンポ、リズムなど感度の良い指導が必要です。
部分的に悪い所は徹底的に教えこむことが大切です」

と三歳の幼児も一人前に扱って、真剣なやりとりをして下さいました。


お昼前頃からレッスン室の前の廊下には、熱心なお母様方と生徒さんが列をつくって待っておられました。

2人ずつ部屋に入ってご指導を受けるのですが、何かワクワクした雰囲気で、先生のお言葉が、とても子どもの心を魅きつけていたように思います。


はじめは「かぐやちゃん」と語りかけておられても、熱が入ってくると「あなた!」とおっしゃって、ものすごい気迫でぐいぐいと引き上げてゆかれるのです。<続く>


↓お問い合わせは、こちらからどうぞ!↓

↓お問い合わせ・体験のお申し込みはこちらから!↓

この教室へお問い合わせ

↑体験レッスンお申し込みも、こちらからどうぞ!↑