日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

動画〜ショパン・ノクターン第19番

梅雨の合間、夏らしい暑い日になりましたね!
今日は午後からレッスンの生徒さんがみえるので、午前中に自分の練習をしました。

初めに練習したショパンのノクターン第19番をご紹介します。
この曲はショパンの生前には発表されず、死後に友人のフォンタナにより出版されました。
そのため、遺作の名が付けられています。

ショパン17歳の作品ですが、青春の最中に書いたというのが不思議なくらい、哀愁を帯びていて、人生を達観しているように感じられます。
実はこの年の春に、妹のエミリアが14歳の若さで亡くなっているのです。
そういった事が影響しているのでしょうか?

動画の挿入写真はポーランド、グダンスクで撮ったものです。

この教室へお問い合わせ

お問い合わせは無料で行えます

このブログへのコメント