日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

ゆうこサロン ピアノ教室

  • 犬好きな作曲家

    ショパンの「子犬のワルツ」は有名ですが、子犬が自分の尻尾を追っかけて、 くるくると回っている様子をピアノで表現した曲です。 その犬はショパンの恋人が飼っていた犬なのですが、 ショパン自身も犬が好きでした。 モーツァルトも犬を飼っていて、フォックステリアだったこともわかっています。 モーツァルトは猫も好きだったようです。 続きを読む

    2017年2月17日

  • ノーブルな音色

    世界三大ピアノメーカーのひとつ、ベヒシュタインは、 「ピアノ界のストラディバリウス」と呼ばれています。 ゆうこサロンで使用するピアノは4種類のグランドピアノで、 そのひとつがベヒシュタインです。 ピアノは、「ノーブルな音色」と表現されても、 実際、弾いてみないと、どんな音色かわかりません。 まずは体験レッスンにお申込みください。 一緒に楽しくレッスンしましょう。 続きを読む

    2017年2月12日

  • バッハ人気

    こんにちは。京都のピアノ教室 ゆうこサロンです。 私のお教室では、バッハが大人気です。 子供の頃、ピアノを習っていたときに、少しバッハをされていて、 しばらくブランクがあって、 大人になって、バッハをまた弾きたい、と思われた方もおられます。 のだめが好きで、バッハの平均律にチャレンジしたい!という方もおられます。 300年前に生きた人が作った曲を弾けることって、すごいですね。 続きを読む

    2017年2月8日

  • 薔薇とクラシック音楽

    こんにちは。京都のピアノ教室 ゆうこサロンです。 クラシック音楽には薔薇が似合うと思っているのですが、 薔薇の名前になっていることから、そう思う人が多いのだろうと思います。 ベートーヴェンの三大ピアノソナタは「悲愴」「月光」「熱情」ですが、 そのうち「月光」と「熱情」は薔薇の名前になっているとか。 さすがに「悲愴」という名前の薔薇はないようです。 「月光」は黄色、「熱情」は真紅の薔薇で、 とてもきれいです。 「モーツァルト」という薔薇は、つる薔薇で、かわいいです。 モーツァルトの奥... 続きを読む

    2017年2月3日

  • 初めてのペダル

    京都のピアノ教室 ゆうこサロンです。 ペダルについて説明するとき、 グランドピアノとアップライトピアノでペダルの機能が違うことを お伝えしています。 電子ピアノやキーボードになると、ペダルが別売だったり、 機種によって細かい機能が違うので、ひとくくりに説明するのは難しいです。 初めてペダルを踏む曲を練習するとき、 わくわく、どきどきしますね! どのくらいの深さで踏むのか、 踏むタイミングなど、 練習して慣れてみましょう。 続きを読む

    2017年1月22日

  • メールが届かないときのお願いです

    京都のピアノ教室 ゆうこサロンです。 お問い合わせ、お申込みくださいました皆様に心から御礼申し上げます。 ありがとうございます。 当教室からのお返事が届かない場合のお願いです。 迷惑メールフィルターを利用されている場合、「迷惑メール」フォルダーに振り分けられていることがございます(ご自身で設定されていない場合でも、メールソフトが「疑わしいメール」と判断していることがございます)。 ゆうこサロン ピアノ教室からのメールは、タイトルに「ゆうこサロン」という文字を入れております。 再度、ご確... 続きを読む

    2017年1月12日

  • うれしい年賀状

    京都のピアノ教室 ゆうこサロンです。 ピアノ教室のほかに、障害者の方のお宅でピアノを演奏をする機会を いただいているのですが、今年も年賀状が届きました。 年賀状には「またホームコンサートに来てください」という手書きのメッセージ。 昨今は健常者でもパソコンの文字のみという人が多いなか、 丁寧に書いてくださり、うれしい気持ちでした。 今年もがんばります! 続きを読む

    2017年1月8日

  • エリーゼのために

    京都のピアノ教室 ゆうこサロンです。 ミレミレミシレドラ~で始まるピアノ曲「エリーゼのために」。 今でも人気がある「エリーゼのために」WoO59はベートーヴェンが作曲しました。 WoOはドイツ語Werke ohne Opuszahl(ヴェルケ・オーネ・オープスツァール)の略で「作品番号なし」という意味です。ベートーヴェンの作品番号のない楽曲にドイツの音楽学者キンスキーと、文献研究家ハルムが整理番号をつけました。 エリーゼはテレーゼだったのではないかと言われています。ベートーヴェンの悪筆で解読不可能だったため、... 続きを読む

    2016年11月26日

  • 障害者の方のホームコンサート

    こんにちは。京都のピアノ教室 ゆうこサロンです。 私はあるご縁で、障害者の方のホームコンサートに出演させていただいています。 マンションなので、本物のピアノではなく、鍵盤数が76鍵盤のキーボード、 サスティンペダルをつなげて使います。 普段は片づけておられるので、早めに着いて、組み立てから始めます。 不器用なので少々お時間がかかります・・。 悪戦苦闘しながら組み立てているうちに、ご近所の方がゾロゾロと集まり、 みるみるうちに、「コンサート会場」に変わります。 「ウチのキーボードは鍵盤数が... 続きを読む

    2016年10月20日

この教室へお問い合わせ

お問い合わせは無料で行えます