大人ピアノと4分の4

こんにちは。京都のピアノ教室 ゆうこサロンです。 大人の生徒さんのレッスンには、 ・小さい頃に習っておられて、何かの都合でやめてしまった再チャレンジの方 ・新しいことを始めたくてピアノを選んだ初心者の方 がおられます。 大人の生徒さんは理論から入られる方が多いので、たとえば、 拍子記号の4分の4拍子はどうしてCと書いてあるのか、 という質問を受けたりします。 その意味を説明すると、「面白い!」とおっしゃり、 またピアノに興味を持たれます。 ピアノが生涯のお友達になりますように。

続きを読む »
  • 2017年1月19日

メールが届かないときのお願いです

京都のピアノ教室 ゆうこサロンです。 お問い合わせ、お申込みくださいました皆様に心から御礼申し上げます。 ありがとうございます。 当教室からのお返事が届かない場合のお願いです。 迷惑メールフィルターを利用されている場合、「迷惑メール」フォルダーに振り分けられていることがございます(ご自身で設定されていない場合でも、メールソフトが「疑わしいメール」と判断していることがございます)。 ゆうこサロン ピアノ教室からのメールは、タイトルに「ゆうこサロン」という文字を入れております。 再度、ご確...

続きを読む »
  • 2017年1月12日

うれしい年賀状

京都のピアノ教室 ゆうこサロンです。 ピアノ教室のほかに、障害者の方のお宅でピアノを演奏をする機会を いただいているのですが、今年も年賀状が届きました。 年賀状には「またホームコンサートに来てください」という手書きのメッセージ。 昨今は健常者でもパソコンの文字のみという人が多いなか、 丁寧に書いてくださり、うれしい気持ちでした。 今年もがんばります!

続きを読む »
  • 2017年1月8日

薔薇とベートーヴェン

こんにちは。京都のピアノ教室 ゆうこサロンです。 ベートーヴェンの三大ピアノソナタは「悲愴」「月光」「熱情」ですが、 そのうち「月光」と「熱情」は薔薇の名前になっているとか・・ さすがに「悲愴」という名前の薔薇はないようです。 「月光」は黄色、「熱情」は真紅の薔薇で、 とてもきれいです。 「モーツァルト」という薔薇もあって、 つる薔薇で、かわいいです。

続きを読む »
  • 2016年12月4日

エリーゼのために

京都のピアノ教室 ゆうこサロンです。 ミレミレミシレドラ~で始まるピアノ曲「エリーゼのために」。 今でも人気がある「エリーゼのために」WoO59はベートーヴェンが作曲しました。 WoOはドイツ語Werke ohne Opuszahl(ヴェルケ・オーネ・オープスツァール)の略で「作品番号なし」という意味です。ベートーヴェンの作品番号のない楽曲にドイツの音楽学者キンスキーと、文献研究家ハルムが整理番号をつけました。 エリーゼはテレーゼだったのではないかと言われています。ベートーヴェンの悪筆で解読不可能だったため、...

続きを読む »
  • 2016年11月26日

障害者の方のホームコンサート

こんにちは。京都のピアノ教室 ゆうこサロンです。 私はあるご縁で、障害者の方のホームコンサートに出演させていただいています。 マンションなので、本物のピアノではなく、鍵盤数が76鍵盤のキーボード、 サスティンペダルをつなげて使います。 普段は片づけておられるので、早めに着いて、組み立てから始めます。 不器用なので少々お時間がかかります・・。 悪戦苦闘しながら組み立てているうちに、ご近所の方がゾロゾロと集まり、 みるみるうちに、「コンサート会場」に変わります。 「ウチのキーボードは鍵盤数が...

続きを読む »
  • 2016年10月20日

この教室へお問い合わせ

お問い合わせは無料で行えます。

トップに戻る