人と比較しなくてよいのです

ピアノを習う上で、生徒さんに、いつも心に留めていてほしいと思っていることがあります。 それは、「自分と他人を比較をしない」ということです。 「誰ちゃんの方が遅く始めたのに、本が先に進んでいる」とか「あの子の方が指が早く動く」とか・・ 人間ですから、気にして当然だと思いますが、でも、そこでちょっと立ち止まって 「ああ、そうなのね」と、 他の人のことは、その人の個性として受け止めればいいのです。 自分がコンプレックスを感じたり、卑屈になったりする必要はないのです。 ピアノは、始める時期も習う...

続きを読む »
  • 2016年5月10日

ピアノは脳に良い!

脳科学者の澤口先生の説によりますと「習い事はピアノだけでよい」そうです。 ピアノを弾く時には、どういうことをしているのかを、改めて考えてみました。 ・目で楽譜を追い(目を使う) ・音符やリズムを判別認識し(理解力) ・左右の指に指示を出して(伝達) ・左右の指を別々に動かし(右脳と左脳を同時に別々に使う) ・音のバランスや音色など聞きながら(耳を使う) ・曲想をつけて表現する。(感情の揺さぶり) こんなにたくさんのことを、同時進行でしています。 脳にとっては、ものすごい刺激ですね。 さ...

続きを読む »
  • 2016年4月25日

ミュージアムコンサートまであと4週間

南青山の「秋山庄太郎写真芸術館」でのミュージアムコンサート、 私の順番が4週間後にせまってきました。 メロディーとコードだけの一段譜を見て演奏します。 と、言ってしまうと なんてことなさそうですが、 実は冷や汗ものでして(^^;) 伴奏がしっかり書いてある譜面を長年弾いて来たクラシック育ちの私にとっては 伴奏譜が無いというのは、 それはそれは勇気がいることなのです。 まだまだ修行中ですが、 回を重ねるごとに自分らしい表現をして演奏できるようになりたいです。 今日はこれから、ピアノおもてな...

続きを読む »
  • 2016年4月23日

ピアノを弾いてみたいけれど・・

「ピアノをやってみたいとは思うけれど、でも、ちょっとね~・・」と言う人が結構います。 ためらうのはどうしてなのか、その理由を尋ねてみると、 「最初から、自分には無理!という苦手意識がある。」 「自分がピアノを弾く姿を想像できない。」 「ピアノを弾く人は特別に才能のある人だけと思ってしまう。」 一番多いのは、 「自分が本当に弾けるようになるのだろうか?」という不安です。 不安な気持ちは、行動にブレーキをかけてしまいます。 不安を消し去らないことには、ピアノに触れる気持ちにはなれないでしょ...

続きを読む »
  • 2016年4月21日

この教室へお問い合わせ

お問い合わせは無料で行えます。

トップに戻る