日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

スーパーレッスン

今日はコンクールへ出る予定の生徒さんに付いて、厳しくて有名な大先生!のところまで曲を見にもらいに伺いました。

レッスンを受けられるだけでも大変光栄なことなのですが、生徒さんがこの春小学生になった事もあってか、今までよりもずっと厳しいレッスン!本人はもとより私自身も学ぶことの多いものでした。

一曲1ページを、片手ずつ、両手で!とみっちり75分のレッスン!本人は先生の言われることをよく理解して集中力も切れず弾いていたのですが、何せ緊張で最初からガチガチ、私自身ももちろん緊張。

レッスンが終わり最後に大まかなアドバイスを頂きましたが、そのうちの一つで冷や汗をかいたのは「あなた(私)が緊張すると生徒さんにうつるから緊張しないでね」...と((((;゚Д゚)))))))

先生がおっしゃることはごもっともなのですが、学生時代に自分の同期が先生の厳しいレッスンを受けており、またその話をリアルタイムで聞いていた為、その記憶は未だに払拭できず...

お人柄、引き出しの多いハイレベルなレッスン、
共に尊敬の念を抱き続けると思いますが、
と同時に一生恐怖の念も抱き続けると思います笑

この教室へお問い合わせ

お問い合わせは無料で行えます

このブログへのコメント

サミュゼピアノ研究会

2017年4月21日 00:56

この春小学生になった生徒さんに75分のレッスンは厳しいですよね。
そもそも、大先生に見てもらう必要があったのでしょうか?