日本全国のピアノ教室が5000件以上掲載!

手が小さくてもピアノは弾ける!

こんにちは。


いつもありがとうございます。



広島市西区のピアノ・ヴォーカル教室
Consolo(コンソーロ)音楽教室の
相原尚美(あいばら なおみ)です。
「演奏できる身体づくり」を目的とし、
身体のバランスを整え、
正しい身体の使い方を習得するために、
「ボディワーク」を取り入れたレッスンを行っています♪





「ピアノを弾くのは、手が大きい人が有利」


こんな風に考えていないでしょうか?






私はかつて学生時代は


この様に考えていました。





でも、彼女の演奏を聴いて、


考え方が変わりました。




私が好きなピアニストの一人、


アリシア・デ・ラローチャ(Alicia de Larrocha 1923-2009)





彼女は身長150㎝にも満たない


小柄な女性でした。


手も1オクターブしか届かないほど


小さかったそうです。




しかしながら、全身を使って


無駄な動きをせずに


ピアノを演奏しています。




素晴らしい音を奏でています。




ラフマニノフのピアノコンチェルトを


見事に演奏しているのは、


本当にすごいです。




ラフマニノフ(Sergei Rachmaninov 1873-1943)は


身長2メートル近くで、


手は12度(1オクターブは8度)開いたみたいです。




でも、手の小さいラローチャでも


ラフマニノフのコンチェルトを弾いています。











身体の使い方次第で、


手の小さい人でも


ピアノは弾けるのです!

この教室へお問い合わせ

お問い合わせは無料で行えます

このブログへのコメント